ワキガの原因と脱毛でワキガを改善できる理屈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキガが発生する理由

ワキガが気になる女性
ワキガは、アポクリン腺から出る汗が多くなるほど臭いがキツくなります。

アポクリン腺の汗には水分だけでなく脂質や糖質も含まれるので、脇毛に異臭を放つ成分がつきやすくなります。

また、脇毛が長いほど雑菌が多く繁殖するので、ワキガは脇毛が長いと臭いが強まります。

他にも、アポクリン腺は刺激を受けることで活発化し、アポクリン腺から出る汗の量が増えます。

なので、剃刀や毛抜きといった自己処理で脇毛を処理すると、アポクリン腺を活発化させやすくなります。

そのため、ワキガの臭いを抑えつつ脇毛を処理する際は、脱毛するのが最善となります。

脱毛でワキガは治るのか

脱毛は、可視光線によって毛根部分を破壊するだけでなくアポクリン腺にもダメージを与えます。

その影響により、脱毛で脇毛を生えにくくしつつ発汗を抑えることができるので、ワキガの臭いを改善することが可能です。

また、脱毛で脇毛を脱毛すると熱で脇がムレにくくなります。

なぜなら、脇毛を無くすことができれば脇毛にアポクリン腺の汗がつかなくなるからです。

また、脱毛は毛穴を引き締めることもできるので、毛穴に皮脂や老廃物が溜まるのを防ぐ効果もあります。

その影響により、ワキガの臭いが悪化する恐れがない上に、発汗を抑えるので脇がベタつきにくくなります。

よって、脱毛は脇毛を生えなくしつつワキガの臭いを改善するだけでなく、脇をツルツルにすることも可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*