脱毛サロンの勧誘を上手く断るコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘にお悩みの方へ

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、勧誘されても自分の意思をはっきり伝えて断ることで勢い任せで契約するのを防ぐのがポイントになります。

それでも、スタッフによっては断っても勧誘し続ける人がいるので、家族に相談しないと決めれないことを伝えるのがお勧めです。

この時、自分一人では決めれないと伝えると、スタッフが勧誘を強めるので逆効果となります。

なぜなら、脱毛サロンにおいて勧誘は新規のお客様を増やすだけでなく、すぐに契約させるという意味合いが強いからです。

他にも、断る理由としてお金がなかったり忙しいので通えないと伝えても、スタッフの多くは勧誘をやめようとしません。

そのため、家族に無断で利用すると怒られると伝えることで、スタッフは勧誘しにくくなります。

脱毛サロンの勧誘を上手く断る方法

自分にはお金を自由に使える権限がないので、家族に頼まないと契約できないとはっきり伝えることで、すぐに切り上げることができます。

さらに、家族に相談して脱毛サロンに通ってもいい許可を得れたら連絡することを伝えることで、勧誘を上手く断れます。

家計を家族に握られている感じに演出することで、すぐには契約できない印象を与えることが大切です。

また、すぐには契約できないので家でじっくり考えたいとはっきり伝えることも、勧誘を上手く断ることが可能となります。

つまり、脱毛サロンの勧誘を断る際は、自分に決める権限がないこととすぐには契約できないことを明確に伝えることがコツとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*