埋没毛ができる原因とサロンでの光脱毛による埋没毛の処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、肌の表面をかさぶたや角質が覆うことにより外側に毛が出てこれない状態であり、皮膚の中で毛が成長することになります。

そのため、埋没毛を改善せずに放置すると、ニキビや黒ずみといった肌のトラブルに発展する恐れがあります。

なので、剃刀や毛抜きによる自己処理によって埋没毛が出来た場合は、クリニックやサロンで埋没毛を処理してもらうのがお勧めとなります。

なぜなら、クリニックやサロンだと自己処理と違って肌に負担を掛けることがないので、毛嚢炎や色素沈着が進行する心配がないからです。

さらに、毛嚢炎や色素沈着にも効果を発揮するので、クリニックやサロンで脱毛を受けると肌を綺麗に保つことが可能となります。

光脱毛はレーザー脱毛と同じように埋没毛を予防できる

サロンはクリニックと違って医療機関ではないので、サロンではレーザー脱毛を受けることができません。

よって、サロンで受けれる光脱毛はレーザー脱毛より威力が出せないので、深い毛根を破壊することは不可能です。

ただし、光脱毛はレーザー脱毛より肌に痛みを伴うことがないので、痛みに悩まされずに埋没毛を処理できます。

そのため、光脱毛は無駄毛が生えるのを邪魔する角質をはがすことにより、埋没毛が肌の表面に出たら光を照射することで処理できる仕組みとなります。

そして、サロンによっては光脱毛を行う前に保湿クリームを塗るので、肌のトラブルに追われることなく埋没毛の処理に専念できます。

その上、光脱毛はレーザー脱毛と同じように埋没毛だけでなく、無駄毛を処理することもできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*