脇脱毛への不安をぬぐおう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ脱毛に興味を持っているけど、不安がぬぐえない……

夏は1年で最も開放的な季節。さらにここ数年の暑さもあって、海やプールに出かける女性が多くなっています。

プールサイドや浜辺では普段以上に肌を露出することになりますが、その時に気をつけたいのがワキに生えているムダ毛です。

しっかり処理されていないと、腕を上げた瞬間などに他人に見られてしまい、「だらしがない」と馬鹿にされかねません。

ただ、ワキ毛というのは自己処理が結構大変です。カミソリで剃っていると1日怠けるだけでブツブツが目立ってきますし、毛抜を使うと痛みが伴い、処理自体が億劫になってきます。

おまけに自己処理というのは肌トラブルがつきもの。
黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛なども起こりやすくなり、そのケアでさらに手間がかかることになります。

「いっそのことサロンに通って脱毛しようかな……」

そう考えてしまう女性も多いはず。でもサロン初心者にとって、施術を受けるというのは何となく不安なものです。

「何ヶ月くらい通う必要があるの?」
「施術って何回受ければいい?」
「痛みはひどいの? 痛みなしで施術できる?」
「料金は最終的にいくらくらいかかるの?」

結局、これらの疑問がネックになり、脱毛サロンへ通わずに自己処理を続ける、という女性も少なくありません。

そこでこのページでは、ワキ脱毛の情報やサロンの選び方などについて詳しく紹介し、そんな初心者の不安を解消してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の一助になることを願っています。

「脱毛」とは一体どんなもの?

ワキ脱毛の情報を紹介していく前に、まず「脱毛とはどういうものか?」ということを簡単に説明します。

誤解している人がまだまだいるのですが、サロンや医療クリニックでの「脱毛」というのは、別に毛を抜いていくことではありません。その施術の対象となるのは、皮膚の中に隠れている毛根部分です。

昔は特別な電気針を用いて毛根を焼き切っていたのですが、現在では新しい技術が開発され、特殊な光を肌に照射することで毛根に損傷を与える方法をとっています。

この時に使用されるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)といった光は、黒いメラニン色素だけに反応し、すぐに熱エネルギーに変化する特性を備えています。照射すると肌は素通りし、発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)だけにダメージを与えます。

脱毛の歴史も長いのですが、この方法は時代を画するものでした。おかげで脱毛人口は爆発的に増加し、最近では顔、脚のほか、VIOなどの特殊な脱毛をする人も増えています。

その中でもワキは最もポピュラーな部位。初心者のほとんどは最初にワキを脱毛すると言われています。

また、ワキというのは汗腺が集中しているところです。そのせいで汚れや老廃物が溜まり、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎などの肌トラブルが起こりがち。

ワキのコンディションを良好に保つためにも、ムダ毛を早めに脱毛してもらい、自己処理が不要な状態にしましょう。

ワキ脱毛の気になる詳細(施術回数、料金、痛みの有無)は?

上記の説明で、ワキ脱毛の長所がご理解頂けたでしょうか?

「すぐにでもサロンと契約して施術を受けたい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようなことが気にかかると思います——

・施術回数は平均でどれくらいなのか?
・料金は最終的にいくらぐらい必要なのか?
・施術時の痛みはあるのかどうか?

これらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

最初に施術回数についてです。脱毛というのは安直なものではなく、1、2回の施術では終わりません。ムダ毛を完全に処理するには、かなり長い日数が必要となります。

特にワキは集中的に剛毛が生えている厄介な部位。さらに毛根が深い場所にあり、他の部位よりも施術に手間がかかると言われています。そのため、顔や脚よりも施術回数が多くなってしまうのです。

もちろん個人差はあるのですが、脱毛完了まで12回から18回は必要、と考えておいた方がいいでしょう。

続いて費用について。

こればかりはサロンによってバラバラです。老舗の高級サロンにはリッチな顧客が多いのか、施術ごとに高額な料金を請求するところもあります。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けで、どの店でも値段は安くなっています。

「その中でも特に格安店は?」と思ってネットでチェックしてみると、ぜひ推薦したい店がありました。

それは「ミュゼ」。雑誌の広告などで知っている人もいるでしょう。

特にオススメなのは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円です。

こんな価格で脱毛可能なところは他には見つかりません。
安価に施術したい人にはピッタリと言えます。

最後に痛みの有無について。

正直言って、施術の際に痛みはあります。

というのも、サロンでのIPLによる脱毛というのは毛根が高熱に包まれるため、その周辺の毛穴や皮膚も軽微な火傷状態に陥ってしまうのです。これは、いわば皮膚の奥にお灸をすえたような感じです。

もちろん火傷と言っても耐えられないものではないのですが、ムダ毛の周辺が熱を持った状態というのはあまり快適なものとは言えません。

効率的とは言え、このようなデメリットをもつIPL方式を改善しようと、最近になって様々な方式が新たに考案されています。

その中のひとつがSSC方式。

SSC方式がIPL方式と違うのは、クリプトンライトを用いる、というところ。

IPLでは光を照射するだけで脱毛効果があるのですが、クリプトンライトは単独では役立ちません。

ではどうするのかというと、専用のジェルを肌に塗ります。

その上でライトを当てると毛根が損傷を受け、発毛がストップできるのです。

SSC方式の最大のメリットは、ジェルとの組み合わせで効果を上げるため、高熱の必要がない、ということ。したがって痛みもほとんどありません。

「とにかく痛みが苦手」という女性も、SSC方式なら大丈夫です。

ワキ脱毛で失敗しないために

「ミュゼがおすすめ」と書きましたが、近隣に支店がないこともあります。そんな時は、他のサロンに通わなければなりません。

ただ、最近は新規のサロンが増え、店舗が乱立気味です。
数が多すぎて、初心者はどこがいいのか判断がつかないでしょう。

また、各サロンが盛んにキャンペーンを行っているのですが、これも条件が複雑で、どれがお得なのか分かりません。

そこでサロンを探す際、注意するポイントを3点あげてみます。

施術可能回数が少ないプランは避ける

まだまだ脱毛についてキチンとした知識のない人が多く、たとえば1回施術をすればその部位のムダ毛は永久に生えてこない、と勘違いしている方がいるようです。

もちろん、これは間違っています。たった1回の施術では、ムダ毛を完璧に処理することなどできません。確かに施術すると10日から1ヶ月ほどで部位はツルツルの状態にはなりますが、さらに時間が経過するとムダ毛が復活してしまいます。

発毛自体をストップするには、IPLやレーザーなどの光を数ヶ月から数年かけ、根気よく照射し続けなければなりません。

しかも太い剛毛が密集しているワキのような部位の場合、上に述べたように12回から18回の施術は不可欠です。

ということで、安い料金に惹かれて施術回数が12回に達しないプランを選んでしまうと、「結局は追加施術」ということになります。
そうなると高いプラン以上の費用を払うことになりかねません。

リーズナブルに脱毛を完了するためには、あまりに安いプランは無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにしましょう。

契約前に返金制度や施術期限を確認する

ワキ脱毛を一旦開始したら、最低でも約3年、サロンに通い続けなければなりません。

しかし施術を続けるうちに、「スタッフが不親切」といった理由で、通うのを中止してしまうケースもあると思います。

そうやって中途で解約すると、当然ながらサロン側は渋い顔をします。契約をタテに取り、「施術回数をほとんど消化していないのに、返金が半額以下」という店も少なくありません。

もし中途解約する可能性があるなら、契約を結ぶ前に解約の条件に関してスタッフに聞いておきましょう。

またサロンによっては、契約にタイムリミットを設けている店もあり、日数がすぎると施術そのものができなくなります。

いずれにしても「ワキ脱毛には長い期間が必要」ということを心得ておき、回数や施術期間に余裕のあるサロンを選びましょう。

施術後のケアをしっかりおこなってくれるか?

ワキのケアは、ムダ毛処理だけですむわけではありません。

見栄えを改善するには黒ずみなどの症状を治すことも肝要。

そのためには肌の潤いを絶えずキープすることが大切です。

上述したように、施術した後の毛穴には熱がこもっており、その周辺の肌は乾燥しがちです。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスをしっかりおこなってくれるところもあります。

こうした気の利いた店なら美肌ケアも期待できますから、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックに差はあるのか?

ワキ脱毛を行ってくれるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術可能です。

この2つの違いは何でしょうか?

脱毛の原理に関しては変わりません。施術に際しては、サロン、医療クリニック両方で、肌に特別な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を当てます。
そして高熱の作用により、発毛を促す組織(毛母細胞、毛乳頭など)にダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかと言うと、その光の威力です。

レーザー光は、サロンのIPLの何倍にも達する破壊力を持っています。毛根組織は完全に破壊されるため、ムダ毛はそのあと一生生えてきません。

また、IPLだと完了まで10回以上施術が必要なのですが、レーザー脱毛を行えば数回ですみます。

もし「脱毛をなるべく短い期間で終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛をする方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛は安価ですむのか?

ワキ脱毛というのは特にリーズナブルです。そのせいもあって、初心者は最初の脱毛箇所としてワキを選ぶことが多くなっています。

ではワキ脱毛の料金はなぜ安価なのでしょう?

まず考えられる理由としては「ワキが狭い部位だ」ということ。

実はサロンでは施術面積によって料金を決めることが多く、その点でワキは元々安価なパーツというわけです。

そして次に考えられるのは、店側の”戦略”です。

女性は最初にワキ脱毛をしようとするため、「赤字覚悟でその料金を抑えることで、より多くの客をひきつけられる」と店側が考えているのです。

いずれにしてもワキ脱毛は初心者にピッタリ。サロンの技術も即座に分かるので、最初の施術はワキにするのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果がイマイチな場合は?

長くサロンに通った末、ようやくワキ脱毛が完了。でも、その結果に何となく満足できない——。

そんな時、同じ店で施術を続けることもできますが、追加の料金が馬鹿になりません。

また、その店との契約を継続せず、他のサロンに乗り換える手もあります。しかしその場合はカウンセリングの段階からやり直す必要があり、時間と手間がかなりムダです。

そんな事態にならないためにも、施術期間、及び回数は余裕を見ておくことが重要。多少値は張りますが、最初の契約時に12回以上のプランを選ぶ方がいいでしょう。

「脱毛すると、ワキの汗が増える」って噂は本当?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、説明しておきましょう。

実はワキ脱毛についてグーグル検索していると「脱毛をしてからワキ汗の量が増えてしまった」という口コミが何件かヒットします。

こんなことが実際にあるのでしょうか?

答えを先に述べますと、完全なデマ。そんな現象はありえません。

ただ、「ワキ汗が増えてしまった」と思い違いしてしまう人は本当にいるようです。

ネットでチェックしてみると、その理由は——

「ワキ毛が処理されてしまったので、今まで止められていた汗が肌を伝うようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり肌の感覚の問題にすぎません。汗の量そのものが増えたわけではないのです。

しばらくするとその感覚も当たり前となり、違和感も解消されるでしょう。

いかがだったでしょうか? 色々なポイントから、ワキ脱毛についての詳細、またサロンの選び方などを説明してみました。

ぜひこのページの情報を参考にしながら、自分に合ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛がなくなれば他人のワキへの視線も平気になり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*