脱毛未経験者にVIO脱毛の詳細を伝えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性の魅力を形作るのは、容貌、スタイルなど色々あります。その中のひとつが「若さ」——。
これは時の作用によって移ろいやすいだけに特別なファクターだといえます。

その若さを最も周囲にアピールできるのが潤いのある肌でしょう。若い女の子が寒い季節でも露出度の高い服を着たりするのは、人の目を惹きつけるその魅力を知っているからです。

周りの視線を浴びれば気分も高揚します。「これからもっと肌を見せつけよう」という気持ちになるでしょう。

ただ、みずみずしい健康的な肌をアピールするのはいいのですが、その時に注意しないといけないのが、いつの間にか伸びてしまうムダ毛の存在。

処理をキッチリおこなっていないと見栄えが良くないですし、一旦キレイな肌に視線を向けた男性からも「あんなに露出しているくせに手入れを怠っているのか」とバカにされかねません。

ただ、カミソリや毛抜きで毎週のように自己処理するのは億劫、という女性も多いでしょう。そんな人にとって助かるのは、プロが丁寧にムダ毛を処理してくれるサロンやクリニック。
テレビのCMもしつこいくらいに流れているので、いくつかの店名は耳にした人が多いでしょう。

実は、脱毛がこれほど流行し始めたのは近年になってから。以前は「電気針を毛穴に突き刺して毛根を焼く」という面倒至極な方法を取っていたこともあり、費用も安いとは言えませんでした。そのせいで「ヒマを持て余した金持ちの女性がおこなう美容法」というイメージがまとわりついていたのです。

しかし、やがてレーザー技術を用いた画期的な脱毛機が考案され、施術料もビックリするほど安価になりました。
新規オープンするサロンやクリニックが多くなり、初心者をターゲットにしたキャンペーンが盛んにおこなわれています。

また、脱毛方法がさらに進歩したため、施術できる部位もグッと増えました。昔はワキや脚など、夏に露出するところが施術のメインだったのですが、現在では腕、顔のほかに、「VIO」という新しい部位が人気を集めています。

それを知って「え、VIOって体のどこのパーツ?」と驚く女性もいるでしょう。確かに脱毛人口は急激に拡大しましたが、サロンや専門クリニックとは縁のない女性もまだまだ多いのですから当然です。

そこでこのページを立ち上げてみました。
VIO脱毛についての基本的な情報、その料金、施術の手順などについて解説し、あわせて脱毛一般のトピックも紹介しています。

「VIO」はどこの部位のことなのか?

予備知識なしに「VIOとは何?」と聞かれると、「PCのブランド名」と回答する人がいるかもしれませんが、もちろんそれは間違っています。実は美容業界で「デリケートゾーン」と名付けられた部位、つまり女性器からお尻に至る股間一帯のこと。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(ビキニを身につけた時の下縁部位と、股間底部のトライアングル)
・Iライン(女性器のサイドの細長い部位)
・Oライン(肛門を中心とする半径2センチほどの円い部位。「ヒップ奥」ともいう)

をあらわしています。

つまり、各パーツと形状が似ているアルファベットがあったことから「VIO」とされたので、別に長い専門用語の略称というわけではありません。

ということで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛を指しています(そしてそれに関連する形で「ハイジニーナ」という単語もしばしば使われます。これはVIOすべてをツルツルの状態にすること)。

「外国のセレブの間で股間の脱毛が流行中」というニュースが日本に流れてきた時、容姿を磨くのに熱心なモデルや映画女優がやっている風変わりな美容法、というイメージがありました。

ところがそれから何年も経過し、いまでは日本でもすっかりポピュラーなものになっています。

「これから脱毛を考えている」という女性に「真っ先に施術したい部位は何?」と聞くと、ワキの次にVIOがくることが多いようです。

ただ上述したようにVIOは3つのパーツを合わせた呼称なので、実際の脱毛にあたっては3つをバラバラに施術することもできます。

VIO脱毛の費用はいくらくらい必要なのか?

脱毛しようかどうか考慮中の時、まずチェックするのはその料金です。

実は「脱毛」と一口でいっても色々なやり方があります。

たとえば、サロンに通ってフラッシュ脱毛をしてもらうのか、医療クリニックと契約してレーザー脱毛を受けるのか。毛を少なくするだけの減毛でいいのか、完全なツルツルにしたいのか。金額は関係なしに脱毛完了までの日数を少なくしたいのか、あるいは格安な施術料にこだわるのか……。

それらの条件で予算にも違いが出てきますが、ここでは「VIOラインをすべて脱毛するコース」の費用を紹介してみます。

まず、サロンの場合。

有名サロンの費用は以下の通りです——

減毛にとどめる

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回なので、1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回なので、1回は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回なので、1回は8,640円)

ツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回なので、1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回なので、1回は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回なので、1回は9,180円)

続いてクリニックの場合。

有名クリニックの費用は以下の通りです——

減毛にとどめる

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回なので、1回は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回なので、1回は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回なので、1回は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回なので、1回は18,540円)

ツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回なので、1回は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回なので、1回は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックについては、8、9回のコースなし)

この一覧をみると、サロンは回数が多くて割高。一方、普通は料金が高いクリニックが、VIOだとリーズナブルなことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特に格安なので、料金だけを考えると第一候補となるでしょう。

なぜVIO脱毛には痛みがともなうの?

VIO脱毛の体験者に向けたアンケートの結果によると、90%の女性が「施術は痛い」と感じたそうです。

その理由については2つの理由が考えられます——

・デリケートゾーンの皮膚が特に薄いから
・太い剛毛ばかりが生えているから

マシンの脱毛は、高熱によって発毛機能を弱体化します。その際に、毛穴も軽い火傷状態になるのですが、皮膚が薄いと痛みが増してしまいます。

また剛毛だと、それだけ毛根もサイズが大きくなります。毛穴への接触面も増え、痛みもその分強くなってしまうわけです。

なお、サロンとクリニックでは脱毛方式に差があるため、痛みの度合いも違います。

医療クリニックでは「レーザー脱毛」が使われていて、こちらはパワーが強いのが特徴。毛根の発毛組織を完全に死滅させるため、痛みが激しくなります。

そして脱毛サロンで使われるのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。この脱毛方法はマシンの種類によってさらに細分化されていて、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛の4つが存在します。

これらは威力がレーザーほど強烈ではありません。そのために痛みはマシなのですが、特に痛みが軽いのがハイパースキン脱毛です。

これは、発毛を促進するバルジ領域という組織にダメージを及ぼす新方式。これまでよく使われてきたIPL脱毛に比べ、光の威力がはるかに弱いため、痛みがさらに減少されます。

「痛みはできるだけ避けたい」という女性には、このハイパースキン脱毛がオススメです。

脱毛の施術の流れについて

未経験者が初めて施術を受ける時は、色々と不安を覚えるものです。

そこで、施術の手順について説明してみることにします(脱毛をする場合サロンと医療クリニックのどちらかに行くことになりますが、どちらも似た流れで施術を行います)。

まず施術の前日にやることがあって、それは施術を受ける部位のムダ毛を、自分で短く処理しておくこと。

「せっかく脱毛してもらうのに、なんで自分で処理をやらなきゃいけないの?」と不思議に思う人もいるでしょう。

実は、脱毛で用いられるレーザー系のライトは黒いメラニン色素に反応する特徴を持っていて、毛に照射されると高熱のエネルギーに変化します。もし毛があまりに長く伸びていると光線が反応してしまい、肌に火傷を負わせる危険性があるのです。

そのために、どこのパーツのムダ毛でも、必ず短く処理しておく必要があります。

なお、自己処理の際は毛抜きやカミソリは用いず、電気シェーバーを使用しましょう。

ツルツルにするのではなく毛の一部は残す場合でも、施術の2回目〜4回目にかけては全部シェーバーで剃り上げておきましょう。その方が仕上がりがキレイになります。

続いて施術当日の手順です。

施術に持参するものですが、会員カードだけあれば問題ありません。ただ、施術後は肌が刺激に弱い状態になるため、肌にフィットした下着や服は着ていかないほうが無難です。

いよいよ施術に入りますが、まず紙パンツと専用ガウンが渡されますので、それに着替えます。続いて施術用のベッドへ。

それからは、以下のような流れとなります——

1.最初に施術パーツの状態(肌の乾燥はどれくらいか?)をチェック
2.問題がなければ施術パーツを消毒
3.ジェルを塗り、施術パーツを十分に冷やす
4.脱毛マシンでライトを肌に照射
5.再び施術パーツを冷やし、十分に保湿する

照射前と後にパーツを冷やすのは、上で書いたように毛に高熱が加えられるので、その熱が周辺に伝わらないようにするためです。特にVIOは皮膚が薄いので、この冷却作業は大切です。

照射後は冷却するとともにミルクローションなどを用いて保湿します。サロンやクリニックによってはデリケートゾーン専用のローションを使用するところもあるようです。

脱毛後、施術パーツにかゆみ、赤み、腫れが生じる場合がごくたまにあります。その時は冷やしたタオルを当てましょう。ほとんどはすぐに治ってしまいます。

なお、脱毛した後の肌はちょっとした刺激でもトラブルを起こしがち。次の3つは必ず守って下さい——

・施術当日の入浴は厳禁。ぬるめのシャワーにする
・汗をかくような運動は避ける
・施術したパーツは日焼けしないようにする

あと、保湿に注意を払うことが重要です。普段使用しているローションでいいので、肌をキッチリとケアして下さい。

施術後、いつから毛が抜け始めるの?

「脱毛のためサロンやクリニックで施術をしてもらったものの、なかなか毛が抜けないのでイラつく」——

ネットで脱毛の感想を読んでいると、こういった不満の文章を見かけることがあります。

時々、勘違いしている人がいるのですが、施術してもらったからといってすぐに毛が抜け始めるわけではありません。

大体の目安として、毛が抜け始めるのは施術からしばらくたってからで、2週間経つとその部位がツルツルになります。

施術以降の流れは、次のようになっています——

1)照射によって毛根がダメージをこうむる
2)毛根が徐々に弱体化していく
3)毛根が毛を支えられなくなる
4)毛根からムダ毛が抜け落ちていく

なお、施術が最初という人は——

・痛みを軽くしようとスタッフが照射威力を弱める
・照射が初めてなので、まだ毛根の発毛能力が維持されている

という理由から、毛が抜け始めるのが遅くなるようです。

また、サロンの場合はマシンのパワーが弱く、硬い毛には効果が発揮できないことがあります。

そんな人は医療クリニックのレーザー脱毛を試してみましょう。

いかがだったでしょうか? 初心者向けにVIO脱毛の情報を色々と紹介してみました。

もしデリケートゾーンをカミソリなどでよく自己処理しているという女性がいたら、ぜひ脱毛に挑戦することをオススメします。
上で述べたように自己処理は肌に悪く、色々なトラブルを引き起こします。

脱毛すればデリケートゾーンが衛生的になるだけでなく、厄介な肌トラブルが起こりづらくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*