レーザー脱毛とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レーザーというのは、その波長によって特定の色にのみ反応をする光線を出すことができます。これを利用してさまざまな医療現場でレーザーが治療行為に利用されていますが、レーザー脱毛もそのうちの一つです。毛の黒い色に反応をするレーザーを照射することによって毛に高熱を与え、毛根にダメージを加えてその組織を破壊します。毛根の組織が壊れると新しい毛が生まれにくくなるため、繰りかえし施術を行って毛根のダメージを蓄積させていくことで、脱毛の効果を高めていくことができます。

レーザー脱毛は脱毛施術の中で電気針脱毛などと同じく、永久脱毛を謳うことができる脱毛方法です。脱毛を完了した後に毛が再生する率が2割以下であるというのが永久脱毛で、正確には抑毛効果のみに留まる光脱毛と比べると、はるかに強く脱毛効果が表れます。ただし、毛根に与えるダメージが多くなるため、レーザー脱毛機器は医師免許を持っている人にしか取り扱うことができません。そのためレーザー脱毛を受けるためには医療機関を受診する必要がありますが、施術一回の効果が高い分少ない回数で脱毛を完了させられますし、完了後もムダ毛のない肌を長期間保つことが可能です。

医師免許を持つ人に施術を任せられる安心感と効果の高さは大きなメリットになりますが、ただし、光脱毛に比べると施術に痛みを感じやすいのがデメリットです。また、頻繁にキャンペーンなどを実施している脱毛サロンに比べると、脱毛にかかる費用は高額になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*