家庭用脱毛器の購入でガッカリしない方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前は「有閑マダムのぜいたく」というイメージのあった脱毛も、近年は一般的なものに変わりました。
新しいサロンや医療クリニックが次々とオープンし、いずれも繁盛しているようです。

ただ「行きたいけど余裕がない」「予約を取るのが邪魔くさい」「デリケートなパーツをスタッフに見られたくない」といった理由で店や医院に通えない、あるいは通いたくない人もいます。

そんな人たちの間で売れ筋商品となっているのが、家庭用脱毛器です。

「自分も購入してみたい」という人もいるでしょう。ただ、その価格は安くありませんし、どれにすればいいのか種類がありすぎて迷ってしまうほどです。
適当に買って失望しないためにも、機種の効果・特徴について、事前に確認しなければなりません。

そこで、このページを作ってみました。家庭で思う存分脱毛したい、という人のために、ガッカリしない家庭脱毛器の選び方等について、説明していこうと思います。

家庭用脱毛器とは——その歴史

家庭用脱毛器の歴史
紀元前から続く脱毛の長い歴史の中でも、1980年代に発表された「選択的光熱凝固理論」は時代を画する大発見でした。1990年代になると欧米でその理論に基づくマシンが実用化。
そして2000年代、その脱毛器が日本のサロンなどで使用されるようになります。

ただ、それらはあくまでプロ向けの大型機器で、家庭でムダ毛処理をおこなうにはまだまだカミソリ、毛抜など、単純な道具に頼るしかありませんでした。

そんな中、家庭用脱毛器「アイエピ」が2005年に売り出されました。

以前も家庭用脱毛器は存在したのですが、どれも脱毛効果が劣悪で、評判の良い商品とは言えませんでした。ところがこの「アイエピ」はしっかりとムダ毛が処理できるというので高い評価を得、光による脱毛器を普及させる契機となったのです。

そして2009年に「イーモ」、2012年に「ケノン」と脱毛器の新発売が続き、現在の隆盛につながることになります。

これらの家庭用脱毛器の登場は、ムダ毛の自己処理が欠かせない人にとって、大きなニュースでした。

何しろプロの手で施術を受けるとなると、肌が無毛状態になるまで数ヶ月から数年、施術場所に通い続けなければなりません。途中で嫌になる人も多いですし、費用も相当必要です。

それが家庭用脱毛器だと、優れた効果が期待できる上にお金も安くで済むのですから、すぐにベストセラーになったのも当然でしょう。

ただ脱毛器は、効果の点で当たり外れが大きい、と言われています。
以下で紹介する機種の特性、方式のメリット・デメリットなどをしっかり読み込み、自分に合ったものを見つけ出して下さい。

脱毛器選びで気をつけたいポイント

気をつけたいポイント
下の文章でも説明していますが、家庭用脱毛器には脱毛方式がいくつかあり、その差が効果にも如実にあらわれます。

ですから脱毛に関する知識が買う側にも必要で、「デザインや色が自分の好みだったから」といった安直な理由で買ってしまうと、結局はガッカリすることになります。

自分に合った家庭用脱毛器を購入するためには、次のような点に留意しましょう——

照射パワーはどれほどの強さか?

脱毛効果については、個人によって感じ方が異なるので一概には言えませんが、「照射パワーが強いほどその脱毛効果は高まる」というのが普通です。とにかく効率的に脱毛したい人は、照射パワーのある脱毛器を買う方がいいでしょう。

ただ、パワーが強まるとそれだけ肌や毛穴への刺激も増え、火傷、かゆみといった肌トラブルも起こりやすくなります。トラブルを防止するためには、パワーを自由に変えられるものを買うべきです。

照射範囲はどれほどか?

1回の照射で、どれくらいの面積を手入れできるのか。その点は機種によって相当異なるため、買う前に公式サイトなどでチェックしておきましょう。

手入れがスピーディにできないと、脱毛器の使用がおっくうになります。「高いお金を出して買ったのにすぐに使わなくなった」という結果にならないためにも、照射範囲のデータはきっちり確認して下さい。

希望のパーツが処理できるか?

人によってムダ毛を手入れしたい部位は違います。

家庭用脱毛器を買う際は、「主にどの部位の手入れに使う予定か」そして「その機種がどんなパーツに対応しているのか」を確認して下さい。

特に「顔」や「VIO」のムダ毛を処理したい人は注意が必要です。他のパーツには対応できても、デリケートな部位には使えない機種が少なくありません。

公式サイトには対応部位が記してあることが多いので、まず見てみましょう。

コストパフォーマンスはどうか?

「本体自体は安くで買えたのに、消耗品のカートリッジが結構高くつくのを知ってガッカリした……」

脱毛器の購入については、そんな話をよく耳にします。

家庭用脱毛器には様々な種類があります。値段だけ見てみても、2万円以下の機種から、10万円以上の高級品まで幅広くそろっていますが、照射すると消耗していくカートリッジのコストを忘れてはいけません。

脱毛器を買う時は、本体価格以外に、カートリッジの値段とその交換頻度についてもあらかじめチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器に関する利点と難点

利点と難点

利点

・プロの手による施術と比較すると、半分以下の金額でムダ毛処理が出来る
・わざわざ施術場所に足を運ぶことがなく、時間と交通費が節約できる
・人にあまり見られたくない部位も、思う存分手入れできる

難点

・鏡がないと確認できない部位(うなじ、背中、お尻)の処理は、他人の手伝いがいる
・自分で処置をすべてやらなければならないので、つい怠けたくなる
・肌トラブルの予防と対処が面倒で、やる気がなくなる

永久脱毛は家庭用脱毛器でもおこなえる?

永久脱毛はおこなえる?
家庭用脱毛器はプロが使う器械を小型化したもので、脱毛原理自体は全く同じです。

ただ、火傷などを防ぐため、パワーはかなり低くなっています。そのため、強烈な照射パワーが必要とされる永久脱毛は不可能です。

ちなみに、サロンでも永久脱毛はできません。一般サロンでの脱毛は正しくは「抑毛」であって、毛は月日が経つうちに復活します。

永久脱毛をやりたいなら、レーザー脱毛のできる医療クリニックに足を運んで下さい。

家庭用脱毛器にはどんな方式が使われている?

どんな方式が使われている?
家庭用脱毛器で使われている数種類の脱毛方式について、解説してみましょう——

フラッシュ式

家庭用脱毛器で1番よく用いられている脱毛方式が、フラッシュ式です。サロンの器械と原理的には同一のもので、黒いメラニンに反応するIPLというライトを用います。

肌にこのライトを当てると、毛根だけが熱によるダメージを受けます。そして照射を継続しているうちにその発毛機能が弱体化し、毛が伸びなくなるわけです。

この方式の最大の利点は照射口が広く、1ショットの処理範囲が大きいこと。そのために手入れの時間も短く、腕、背中、脚といった部位には最適です。

事故を防止するために照射出力は制限されているので、安全性も問題ありません。痛みも軽微ですみます。

難点は脱毛完了まで時間がかかることですが、それでも1年ほど照射していると部位がツルツルになります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックの機器に採用されているもの。ムダ毛にレーザー光を照射すると毛乳頭などの発毛器官がダメージを受け、毛の成長が止まります。

フラッシュ式のように光は広がらず、パワーが強いため、細かい部位や硬い剛毛を処理したい時にピッタリです。

脱毛完了までの日数も少なく、3ヶ月ほどで効果が実感できます。

ただ、1回の照射面積が狭いため、広い部位には向いていません。打ち漏れも生じやすくなっています。

また、照射時の「痛み」も大きな難点です。
ネットでも「痛みは瞬間的ですがかなり強く、思わず『うっ』と声を出してしまった」「照射の直前はちょっと怖い……」といった感想が目立ちます。

特に痛いとされる部位は骨付近のスネ、脇、デリケートゾーンなどで、もしこれらの部位を処理するなら、出力をかなり抑えた方が無難です。

あと、レーザーは黒い色に反応するので、ホクロ、シミ、日焼けにはシールを貼るか、照射そのものを避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ピッカーというピンセットに似たものでムダ毛をはさみ、微弱な電気を流すことで発毛をストップします。光を使用しないため、目の近くの部位(眉、額の生え際など)も安心して手入れできます。

また、他の方式では処理しにくい白髪、日焼け肌の毛も、高周波だと問題なく対処可能です。

ただ、処理は1本1本に対しておこなうため時間がかかり、足や背中のような広いパーツだと大変です。
手入れをスピーディにしたいのなら、フラッシュ式の方が向いています。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式は、毛根にある発毛器官を熱の作用で弱体化し、毛の成長を防ぎます。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根には影響を与えません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッドに付けられた熱線を使ってムダ毛を処理します。肌から外に伸びている部分をただ焼くだけなので、すぐに毛は成長します。

ただ、毛先が丸くなるので、カミソリを使った時のチクチク感が苦手な人にはいいでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これは皮膚にローラーを転がしてムダ毛を絡ませ、根こそぎ抜いてしまうというもの。

つまり毛抜と同じやり方なのですが、広範囲を素早く手入れできるのが利点です。
もちろん毛穴や肌には大きな負担を与えるので、おすすめはしません。

主要な家庭用脱毛器の価格はいくらくらい?

価格はいくらくらい?
「家庭用脱毛器を買おう」と思った時、最初に気にかかるのがその価格でしょう。

ここでは公式サイトのデータを参考に、主要な家庭用脱毛器の価格を一覧にしてみました(「照射面積」「1ショット当たりの単価」も一緒に書いておきます)。

・ケノン
価格…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方cm
ワンショット当たりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格…49,299円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショット当たりの単価…1.78円

・4x
価格…38,999円(税込)
照射面積…1平方cm
ワンショット当たりの単価…0.08円

・ラヴィ
価格…40,000円(税込)
照射面積…6平方cm
ワンショット当たりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格…116,640円(税込)
照射面積…12平方cm
ワンショット当たりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
価格…57,998円(税込)
照射面積…4平方cm
ワンショット当たりの単価…0.20円

・光エステ
価格…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方cm
ワンショット当たりの単価…0.29円

これらのうち、最も価格の高い機種はレイボーテグランデの116,640円、そして最も価格の安い機種は光エステの25,200円です(ちなみにさらに格安な機種もあるのですが、それらは本当は「除毛器」なのでここには含めていません)。

上で述べたように、購入時にはカートリッジのコストを考慮する必要があります。一覧には加えませんでしたが、カートリッジの価格がどれくらいなのか、自分で調べておきましょう。
本体とカートリッジの合計額を比較することで、本当の価格の違いが判明します。

そして、ワンショット当たりの単価も大事な要素です。

一覧を見て、「ワンショットの単価の差なんてわずかで、問題にならない」と思う人もいるでしょう。

しかし、脱毛はワンショットだけでは終りません。2週間に1回、ライトの照射を継続していきます。つまりワンショットならわずかの差でも、繰り返されることで馬鹿にできない違いとなるのです。

最後に「照射範囲」のチェックも大切です。1回の照射面積が広いほどショットの数は減少しますから、その数値によってカートリッジの消耗度が変わってきます。

なお、4xの照射範囲の数値が低いのですが、これは4xがレーザー式だから……。レイボーテグランデやケノン(2つともフラッシュ式)と比べると、大きな差があります。

広い部位の毛を手入れしたいなら特に、ワンショットの単価と照射面積を確認しておきましょう。

以上、家庭用脱毛器のメリット・デメリット、選び方のポイントなどについて説明してみました。いかがだったでしょうか?

何度も述べてきたように、家庭用脱毛器は方式や機種によってその効果が異なってきます。
そのデータを事前に理解しておくことが、失敗しない購入のコツとなります。

ぜひ自分に合った機種を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*