顔脱毛のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性にとって「美しさ」を最もアピールできるバーツは、何といっても”顔”。

特に外見を気にする人は、その見栄えをよくするために日々手入れに余念がありません。

でも毎日手入れをしていると、つい、邪魔だな、と眉をしかめてしまうモノがあります。

それは頬、フェイスラインといった部位に生えている産毛——。

鼻の下に生えた産毛など、ヒゲそっくりなので必ず剃ったり抜いたりることになりますが、そうやって自己処理していると色素沈着などが生じやすくなります。

女性の中には産毛を消すため、サロンで脱毛してもらう人もいます。

かつて、顔脱毛の費用は安いとは言えませんでした。顔は施術が難しく、キャンペーンでも値下げ対象にされなかったのです。

ところが脱毛の色々な技術が発明されたこともあって費用も下がり、産毛処理に通う人も急増しています。

とはいっても、未経験者がサロンに通うのは何となく億劫なものです。

そこでそんな人向けに、顔脱毛の詳細な情報、そしておすすめサロンについて紹介してみることにしました。

以下の情報が、産毛の悩みの解消に役立てば、と思います。

現在の脱毛方法はどうなっているのか?

顔脱毛について述べていく前に、現在サロンで行われている脱毛方法について解説しておきます。

かつては「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)というのが脱毛方法としてポピュラーでした。

これは毛根の発毛機能を阻害するという点では抜群ですが、毛穴に針を刺していく方法なのでどうしても痛みがあります。
おかげで、「脱毛は痛い」というイメージが広く世間に流布しました。

技術革新により、代わってメインになったのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」という方法。レーザー系の特殊な光をムダ毛のある肌に照射していきます。

光といっても種類は色々ですが、そのうちサロンで最も使われているのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

この光は毛根に含まれるメラニン色素に反応すると熱エネルギーへと変化。
発毛を促進する組織(毛母細胞や毛乳頭)に大きな損傷を与えるのです。

IPLは、エステで美肌効果を得るために使われていました。ところが顧客から「毛が生えなくなった」という感想が寄せられ、脱毛効果が明らかになりました。シミなども治癒できるため、脱毛の施術を続ければ肌のコンディションも良くなります。

最近はSSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新方式も登場し、新しいサロンで導入されています。
色々なメリットがあるので、情報を各HPで調べた上で施術を受けるといいでしょう。

施術可能な顔の部位はサロンによって違う

顔脱毛にあたってまず注意すべきなのは、各サロンで施術できる部位が違う、ということです。

あるアンケートでは、顔で脱毛したい部位として、眉間、鼻の下、アゴが上位を占めています。
ただこれらにしても、施術の可否については店によって異なります。

たとえば、有名サロンの施術部位を並べてみると——

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……もみあげ、鼻下、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

ミュゼ……鼻下、顎

となっており、各サロンで違いがあります。

ということで、宣伝に「顔脱毛も対応」と記してあったとしても、そのサロンでこちらの希望する部位を脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

サロンまで折角行ったのに「そこは対応してません」と言われると時間がムダなので、脱毛できる部位についてはしっかりとチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均料金はいくらくらいなの?

顔脱毛にあたって、まず気にかかるのは、

「料金はどれくらい必要なのか?」

ということでしょう。

有名サロン20社のデータによれば、顔脱毛の平均料金は「41,033円」となっています。

この金額を「高い」と感じるのか「安い」と感じるのか——。それはどれだけ脱毛したいかによるでしょう。

ちなみに顔脱毛は医療クリニックでも可能です。

こちらもデータによって平均値を出すと、「131,325円」となりました。

つまり医療クリニックの場合、サロンの3倍以上のお金がかかるわけです。

さすがに13万は高すぎると思う人もいるでしょうが、クリニックでは「永久脱毛」が可能で、高い費用に見合った施術が受けられます。

どちらにするかは料金と効果を見比べて決めて下さい。

初心者へのおすすめは「お試しコース」

サロンでは顧客獲得のために多彩なプランを用意していますが、その中で初心者にピッタリなのが「お試しコース」。

脱毛を実際に経験することでそのサロンの接客態度や脱毛技術が分かり、正規プランを契約するかどうか参考にできます。

注意したいのは、申し込みはネットでおこなうこと。
店に電話を入れるより、特典がついてお得です。

ネットで申し込みをする際に来店日を決め、その日に出かけるわけですが、まず最初に行われるのがカウンセリングです。

脱毛希望部位や病歴の聞き取り、脱毛についてのガイダンス、プランに関する説明などが主な内容。

めったにない良いチャンスなので、

「脱毛が終わるまで店にはどのくらい通うのか?」
「施術に使われる脱毛器はどういう形式のもの?」
「永久脱毛はできるのか?」

など、色々と質問してみましょう。

初日はカウンセリングのみで終了。施術は予約をその場で入れて後日受けることになります。

施術の時は——

・スタッフのサービスの良し悪し
・施術時の痛みはどれくらいか
・術後の保湿ケアに気を配っているか?

などをチェックしましょう。

これで合格なら、そのまま正規プランへ進むことになりますし、不合格だと契約は結ばず、他の店を調べることになります。

最近は新規サロンが続々とオープンしていますから、自分に合う店にきっと出会えるはずです。

顔脱毛なら「キレイモ」か「ジェイエステティック」へ

顔脱毛でおすすめの2店を紹介します。

まず「キレイモ」。渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるなどを起用したCMでおなじみ。脱毛サロンの中でも知名度ではピカイチでしょう。

キレイモの顔脱毛のメリットは、他のサロンよりも施術できる箇所が圧倒的に多いこと。そのため、他店では満足できなかった顧客がキレイモで脱毛し直す、というパターンが多いようです。

続いてオススメしたいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気を博しているのが「フェイス6」というプラン。1回当たりの料金がわずか2,500円ですから驚きます。「最初の施術はなるべくリーズナブルな料金で受けたい」という初心者にはもってこいです。

「顔脱毛をしたいんだけど、サロンがあまりにも多すぎて迷っている……」という女性は、ぜひ上記の2つのサロンをサイトでチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛に関して基本となる情報を色々と紹介しました。

これ以降は、施術を続けるうちに感じてしまう疑問点や、脱毛に当たって気をつけるべきポイントについて説明していきましょう。

歯の治療中も脱毛の施術は可能?

ムダ毛が完璧に生えないように処理するには、思った以上に日数と手間がかかります。数ヶ月に渡ってサロンに通い続けることも当たり前なので、その間に虫歯の治療などのため歯医者に行く人もいるでしょう。

仕事で多忙な時など、歯の治療と脱毛の両方を時間を空けずにおこなうことがあるかもしれません。
こんな場合、何か問題が発生しないのでしょうか。

その点をサロンに訊いてみると、「通常の歯の治療なら大丈夫です」とのこと。

ただ、注意しないといけないのは、歯医者で渡される痛み止めについてです。

実は、一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

これは光の照射で過剰反応が起こる症状。この発生を避けるため、施術前は痛み止めを摂ってはいけないことになっています。

むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが出ると厄介なので、うっかり痛み止めを摂ったら必ずスタッフに告げるようにして下さい。

また歯列の矯正をおこなっている時は、器具に光が反応して熱が発生することがあります。
口の中が火傷状態になると大変ですから、その周りの施術は避けるようにしましょう。

ただプラスチックやセラミックのような非金属の器具なら、施術しても問題ありません。

このように条件は色々なので、必ずスタッフと相談の上で施術を受けて下さい。

顔にニキビがある場合、脱毛はできなくなる?

脱毛では黒いメラニン色素に反応するレーザー系の光を使うため、ごくたまに体調に変化があらわれる人もいます。そのため、サロンでは施術に関して様々な制約を設けています。

たとえばムダ毛が伸びていると、そこで光の反応が起き、表皮に火傷を負わせることがあります。
それを避けるために客の方で施術部位の毛を剃っておく必要があるのですが、それを怠っていた場合はその部位の施術は不可能となります。

また皮膚の乾燥がひどい場合も施術はできません。毛穴で生じる高熱で肌がさらに乾燥するため、肌トラブルを起こしやすくなるためです。

では、ニキビができたために施術が無理、ということはあるのでしょうか?

色々なサロンに電話して聞いてみたところ、ほとんどの店ではニキビがあっても施術をおこなっています。

というのもIPLという光は、皮膚の奥にある発毛組織(毛母細胞、毛乳頭など)をターゲットにするだけで、ニキビのような色素の薄い部位には無害だからです。施術しても問題は発生しません。

ただ、炎症がひどい場合は注意が必要です。
照射によって状態が悪くなることもあるので、施術可能かどうかはスタッフの判断に任せましょう。

施術を続けていると、そばかすやシミができる?

現在、サロン、クリニック共通で使われている脱毛方法は、黒いメラニン色素だけに反応するレーザー系の光を直接肌に照射する、というもの。

「レーザーのような光が肌に当たったら、紫外線のようにシミができてしまうのでは?」と不安を覚えてしまう人もいるかもしれません。

確かに紫外線を含んだ日光による日焼けは、肌トラブルの主要な原因のひとつです。サロンのIPLも目で直視できないような強い光なので、紫外線と同じように肌に悪い影響があるのでは、と勘違いしがちです。

しかし上で書いたように、サロンで使われる脱毛器は、元々エステで美肌ケア用に活用されてきた実績があります。美肌作りに役立つくらいですから、決して肌に害をもたらすものではありません。

「でもネットをチェックすると『顔脱毛のせいでシミができてしまった』っていう口コミを見かけるけど?」

そう反論する人がいるかもしれません。

このような投稿内容に関しては、2つ理由が考えられます。

まず、ターンオーバーが進んだため、深層に隠れていたシミが肌表面に出てきた、というもの。

施術の刺激によって新陳代謝が促され、シミ予備軍が肌に浮上することは珍しくありません。

ただ、シミのほとんどはさらなるターンオーバーの促進で消えてしまいます。

あと施術の影響で乾いた肌に傷がつき、保湿ケア不足などの理由からそれが痕になってしまうケース。この痕をシミだと思いこんでしまう人がいます。

いずれにせよ、脱毛が直接の原因となって傷やシミが残ってしまうわけではありません。
施術を受けても肌のコンディションは保たれます。

サロンに行くときはスッピンでないといけないの?

契約後にサロンに初めて行く時、未経験者が戸惑うのが、

「メイクはどうしたらいいのか」

ということ。

なにしろ顔を施術するわけですから、化粧をしていたのでは効果も半減するかもしれません。

しかし、素顔でも平気な若い学生ならともかく、常に化粧を欠かさない大人の女性が店に着くまで街中をスッピンで歩くのも大変……。知らないうちはそのことで不安を感じることでしょう。

結論を先に言ってしまうと、普段通りに化粧をしていっても別に問題ありません。

というのも、ほとんどのサロンでは化粧を落とすための専用ブースを設けていますし、自分でやらなくてもスタッフの人がメイクをオフしてくれるサービスもあります。

ただ、ブースやサービスに甘えて濃い化粧をしていくと、それを落とすだけで時間が取られてしまいます。

サロンの人に嫌がられないためにもなるべく化粧は控えめにし、スムーズに施術に移れるように心がけましょう。

以上、顔脱毛について色々な情報を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

ぜひ上記の情報を参考にしながら、自分好みのサロンを見つけて脱毛してみて下さい。
産毛を処理することによって自己処理の必要もなくなり、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*