医療脱毛クリニックを賢く選ぶためのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性男性問わず「肌をキレイにしたい」と願う人にとって、ムダ毛は邪魔な存在です。
特に足や腕は露出が多いため、常に手入れが欠かせませんが、カミソリなどの自己処理は肌を傷つけます。

ベストの処理方法は、プロによる脱毛の施術を受けること。そうなると出かける場所は2つに絞られます。脱毛サロン、そして医療クリニックです。

以前は、有名タレントやモデルを起用してテレビで宣伝をおこなっているサロンが圧倒的に人気だったのですが、最近は医療クリニックの利点も喧伝されるようになり、どちらにするか迷ってしまう、という人も多くなっています。

そんな脱毛志願者のために、このページでは医療クリニックの特徴や魅力を色々な面から紹介してみることにしました。利点・難点はもちろんのこと、たくさん存在する医院の中からどこと契約するか、その留意点についても説明していきます。

クリニック脱毛の3つの特徴とは?

クリニック脱毛
ムダ毛の専門家がマシンを使って施術をおこなってくれるのは、今のところサロンと医療クリニックしかありません。
もしクリニックの方を選ぶなら、あらかじめその特徴を把握しておいた方がいいでしょう。

1)レーザーを活用して施術する

医療クリニックの脱毛は、サロンよりもはるかに効果的だとされています。なぜかといえば、クリニックのマシンは、サロンでは使用できないレーザー光線を射出するからです。

レーザーによる脱毛理論が提唱されたのは1983年のことです。ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のR・ロックス・アンダーソンとそのチームが、雑誌「サイエンス」に論文を発表しました。その「選択的光熱凝固理論」は、クレオパトラの時代から続いてきた長い脱毛の歴史の中でも画期的なものとなりました(ちなみに、アンダーソンは入れ墨を消す特殊な染料を考案したことでも有名です)。

それまで最も普及していた脱毛方法は、針に似た電極(プローブ)を毛穴に挿入する「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)でした。これは1875年、セントルイスの眼科医チャールズ・ミッチェルが発表したもので「電気分解脱毛法」と名付けられています。
プローブから微弱な電流を毛根に通し、毛を成長させる毛包という組織を凝固化します。

この方法は毛根にアプローチするという点で画期的で、アメリカでは広く使われたようですが、なにしろ狭い毛穴にプローブを1本1本挿入していくために時間が必要で、それだけ費用も高くなってしまいます。しかも電流を使うので施術時の痛みも相当激しく、客は痛みという点でもかなりの忍耐を強いられます。

この状況をあっという間に変えてしまったのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー光線は単一の波長を備え、他の光のように散らばらず、発射された方向に真っ直ぐに進みます。また指向性が高く、狭い範囲に集光することができるため、ダメージを及ぼすパワーも抜群です。

そしてもうひとつ他に例のない特性は、波長次第で1つの色のみに反応する、という点。
つまり、青、黒、赤といった色がついた組織にレーザーを当てると、それだけで重篤な損傷を与えられる、ということです。

脱毛においては、毛に含まれる黒いメラニン色素に作用するよう、波長を700ナノメートルから1000ナノメートルにアレンジします。周辺の皮膚組織は素通りしてしまうため、肌へのダイレクトな照射ができます。

メラニン色素に吸収された光線は摂氏65度から70度ほどの熱に変化するのですが、この高熱が毛包の幹細胞を損傷し、毛の産生を阻害するわけです。

施術も驚くほど単純で、波長を調節してレーザー光線を照射するだけ。照射口のビームスポットはほんの数ミリの直径しか持っていませんが、1回のレーザーの照射は100分の1秒ですむため、迅速な施術が可能です。
プローブを毛穴に差し入れるような厄介な作業はいりません。

初期は、ルビーを媒質に用いたレーザーしかありませんでしたが、これは白人向けのもの。まもなく黄色人種に適したアレキサンドライトが開発され、日本でも施術に使われ始めました。現在はダイオード、YAGなど、色々な媒質を使ったレーザー光線がそろっていて、顧客の毛質や部位に合わせて使い分けられるようになっています。

2)「永久脱毛」がおこなえる

脱毛の細かい点については、まだまだ世間的に知られているとは言えません。たとえば「1度マシンで光を照射してもらえば、その部位はずっとツルツルのままだ」と思っている人がいます。

もちろん、それは間違いです。毛の産生をおこなう毛包は頑丈な組織で、1回だけの照射ではそれほどダメージを受けません。

また脱毛においては、「毛周期」と呼ばれるサイクルにあわせて施術を繰り返す必要があります。照射をおこなうのは2ヶ月に1度ほど。
何度も光を射出するうちに毛が薄くなり、そのうち部位が無毛になって脱毛終了。施術の日数は数年に及ぶことも珍しくありません。

ちなみにサロンでもメラニン色素に反応するライトを用いますが、そのパワーが抑えられているために、毛包は一時的に弱体化するだけです。施術から数年も経つと、毛は元のように伸びてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは組織を破壊できるレーザー光線を用いるため、発毛機能が復活しない可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)機器を操作するのは医師だけ

先の項目でも説明しましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと似たところがあるとは言え、射出される光の種類が違うためにレーザー脱毛とは呼べません。またパワーに関する限り、レーザーとサロンの光線では砲弾と銃弾ほどの違いがあります。サロンの施術スタッフに特別な資格がいらないのも、サロンの光線のパワーが弱いからです。

一方、レーザー脱毛は組織を完全に破壊するほどの光線を用いるので、操作上の少しのミスですら重篤なケガにつながりかねません。そのため器械を扱えるのは、事故の際に応急処置のできる医師に限られています。もちろん、火傷治療用の器具・設備もそろっているので、その点でも信頼感が違います。

医療脱毛の良いところ&悪いところ

良いところ&悪いところ

良いところ

・脱毛機器を操作するのは医師なので、事故が起こってもすぐ治療してもらえる
・永久脱毛が可能なため、毛がずっと生えない確率が高まる
・脱毛完了までの日数がサロンより短く、施術に出かける回数も少ない

悪いところ

・格安コースとキャンペーンのあるサロンと比べると、施術コストが高い
・照射の際の痛みが激しいため、施術してもらうのがイヤになる
・レーザーの威力により、炎症、毛膿炎などが生じる怖れがある

クリニックとサロンの差について

クリニックとサロンの差について考える
すでに脱毛サロンとクリニックの違いについて少しだけ触れましたが、ここで相違点をまとめてみます——

施術コスト

脱毛が人気を呼ぶ前からサロンは目立つ広告を女性誌に出していますが、そこには大きな活字で「今月いっぱいのキャンペーン」「格安のセットプラン」などと書かれています。これで分かるように、サロンの利点のひとつは、その料金の安さです。

一方、クリニックの場合、施術料が大きく値下げされることはほとんどありません。

ここで、両者の費用が一体いくらくらいなのか、一覧にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。名前の知られたサロン20社の公式サイトから、部位ごとの平均コストを算出してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

という金額になりました。

続いて医療クリニックです。こちらもネットでよく検索される20院の平均費用を計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

こうすると、コストの違いは一目瞭然です。特に差の甚だしいのが顔脱毛で、クリニックの施術料はサロンの3倍を越えています。

効果

サロンとクリニックでは方式の違う機器を採用しているため、その効果にもかなりの差が出ます。

いまサロンでは4〜5種類の脱毛方法が用いられていますが、その中で1番採用率の高いのがIPL脱毛です(別名「光脱毛」あるいは「フラッシュ脱毛」)。

ワンショットで手入れできる範囲が広く、腕、背中、脚といったパーツにもってこいです。
照射出力も抑制されているため、痛みもさほど強くありません。

ほかには、ジェルとクリプトンライトを併用するSSC脱毛、バルジ領域を弱体化するSHR脱毛などがありますが、どれもその脱毛効果には限度があります。つまり、サロンの施術は毛の産生機能を衰えさせる「抑毛」「減毛」にすぎず、処理が終わったとしてもその効果は数年くらいしか続かないのです。

一方、医療クリニックのレーザーはケタ違いの威力を秘めているため、施術がすべて終われば、毛が再生する可能性は低くなります。

保証

保証については、脱毛サロンもクリニックも似たようなものです。

効果があらわれるまで何度でも施術できる「永久保証」、期限を一定期間だけ延ばせる「期間保証」、契約を中途で破棄する時に前金の一部を返却する「返金保証」などは、クリニックにもサロンにも設けられています。

ただ、種類・条件がクリニックによって異なるので、公式サイトなどでしっかりとチェックしておきましょう。

その他

意外なようですが、クリニックとサロンにおける支店(支院)数の違いは重要です。

脱毛は一朝一夕では終わりません。部位が完璧にツルツルになるまで相当な日数がかかり、全身脱毛ともなると、施術場所に数年間も出かける必要があります。

その間に生活環境が一変してしまう人も出てきます。
転勤・引っ越しがその例ですが、新しい家の近所にクリニックの支院がないため、前払いした施術料がムダになるケースもあります。

部分的な脱毛ならまだ仕方ないとあきらめられますが、全身脱毛のコースだと前払い金も大抵20万円を越えます。引っ越しの後もそれを活かしたい、と思うのは当たり前です。

有名サロンなら全国の大都市に店舗があるため、転居後も施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックはそんな大手のところは少なく、引っ越すとお金がムダになるケースが多いようです。

ということで、「引っ越しの機会が多い」という人の場合、支店の数が多い大手サロンを選ぶ方が得策でしょう。

クリニックの選び方 その注意点

選び方の注意点

保証期間に注意する

一旦脱毛をスタートすると、契約した回数を指定日数内に終わらせる必要があります。日数は部位によって異なりますが、2年から3年というのが通例です。中には5年というクリニックもあるので、多忙な人はそちらにするといいでしょう。

リスクについて書かれているか?

クリニックではパワーの激烈なレーザーを使うので、あらかじめそのリスクを説明するのは医者の義務です。
公式サイトにそのリスクがハッキリ書かれているかチェックしましょう。

料金設定が明瞭か?

料金設定がややこしいクリニックは、施術料の高さをそれで誤魔化そうとしている場合があります。総額を明瞭に書いているクリニックの方が安心できます。

医師の情報は出ている?

公式サイトに施術する医師の情報が示されているか、あらかじめ確認しておきましょう。情報を示していないクリニックは、施術自体もいい加減なところがあります。

医師がカウンセリングもやっているか?

施術はもちろん医師がやりますが、カウンセリングに関しては看護師がおこなうクリニックもあるようです。
そんな態勢は医療機関としての無責任さのあらわれなので、契約しない方が無難です。

以上、医療クリニックの脱毛方法、そして医院を選ぶ際のポイントなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか。

クリニックに関しては、「料金がサロンより高い」「レーザーの痛みが心配」といった理由から敬遠する人もいるでしょう。ただ、その脱毛効果の高さはサロンとは比較になりません。結果を重んじるなら、やはりクリニックをおすすめします。

どうかこのページの情報を参考に、満足のいく医療クリニックを探して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*