脱毛コラム

脱毛未経験者にVIO脱毛の詳細を伝えます

女性の魅力を形作るのは、容貌、スタイルなど色々あります。その中のひとつが「若さ」——。
これは時の作用によって移ろいやすいだけに特別なファクターだといえます。

その若さを最も周囲にアピールできるのが潤いのある肌でしょう。若い女の子が寒い季節でも露出度の高い服を着たりするのは、人の目を惹きつけるその魅力を知っているからです。

周りの視線を浴びれば気分も高揚します。「これからもっと肌を見せつけよう」という気持ちになるでしょう。

ただ、みずみずしい健康的な肌をアピールするのはいいのですが、その時に注意しないといけないのが、いつの間にか伸びてしまうムダ毛の存在。

処理をキッチリおこなっていないと見栄えが良くないですし、一旦キレイな肌に視線を向けた男性からも「あんなに露出しているくせに手入れを怠っているのか」とバカにされかねません。

ただ、カミソリや毛抜きで毎週のように自己処理するのは億劫、という女性も多いでしょう。そんな人にとって助かるのは、プロが丁寧にムダ毛を処理してくれるサロンやクリニック。
テレビのCMもしつこいくらいに流れているので、いくつかの店名は耳にした人が多いでしょう。

実は、脱毛がこれほど流行し始めたのは近年になってから。以前は「電気針を毛穴に突き刺して毛根を焼く」という面倒至極な方法を取っていたこともあり、費用も安いとは言えませんでした。そのせいで「ヒマを持て余した金持ちの女性がおこなう美容法」というイメージがまとわりついていたのです。

しかし、やがてレーザー技術を用いた画期的な脱毛機が考案され、施術料もビックリするほど安価になりました。
新規オープンするサロンやクリニックが多くなり、初心者をターゲットにしたキャンペーンが盛んにおこなわれています。

また、脱毛方法がさらに進歩したため、施術できる部位もグッと増えました。昔はワキや脚など、夏に露出するところが施術のメインだったのですが、現在では腕、顔のほかに、「VIO」という新しい部位が人気を集めています。

それを知って「え、VIOって体のどこのパーツ?」と驚く女性もいるでしょう。確かに脱毛人口は急激に拡大しましたが、サロンや専門クリニックとは縁のない女性もまだまだ多いのですから当然です。

そこでこのページを立ち上げてみました。
VIO脱毛についての基本的な情報、その料金、施術の手順などについて解説し、あわせて脱毛一般のトピックも紹介しています。

「VIO」はどこの部位のことなのか?

予備知識なしに「VIOとは何?」と聞かれると、「PCのブランド名」と回答する人がいるかもしれませんが、もちろんそれは間違っています。実は美容業界で「デリケートゾーン」と名付けられた部位、つまり女性器からお尻に至る股間一帯のこと。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(ビキニを身につけた時の下縁部位と、股間底部のトライアングル)
・Iライン(女性器のサイドの細長い部位)
・Oライン(肛門を中心とする半径2センチほどの円い部位。「ヒップ奥」ともいう)

をあらわしています。

つまり、各パーツと形状が似ているアルファベットがあったことから「VIO」とされたので、別に長い専門用語の略称というわけではありません。

ということで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛を指しています(そしてそれに関連する形で「ハイジニーナ」という単語もしばしば使われます。これはVIOすべてをツルツルの状態にすること)。

「外国のセレブの間で股間の脱毛が流行中」というニュースが日本に流れてきた時、容姿を磨くのに熱心なモデルや映画女優がやっている風変わりな美容法、というイメージがありました。

ところがそれから何年も経過し、いまでは日本でもすっかりポピュラーなものになっています。

「これから脱毛を考えている」という女性に「真っ先に施術したい部位は何?」と聞くと、ワキの次にVIOがくることが多いようです。

ただ上述したようにVIOは3つのパーツを合わせた呼称なので、実際の脱毛にあたっては3つをバラバラに施術することもできます。

VIO脱毛の費用はいくらくらい必要なのか?

脱毛しようかどうか考慮中の時、まずチェックするのはその料金です。

実は「脱毛」と一口でいっても色々なやり方があります。

たとえば、サロンに通ってフラッシュ脱毛をしてもらうのか、医療クリニックと契約してレーザー脱毛を受けるのか。毛を少なくするだけの減毛でいいのか、完全なツルツルにしたいのか。金額は関係なしに脱毛完了までの日数を少なくしたいのか、あるいは格安な施術料にこだわるのか……。

それらの条件で予算にも違いが出てきますが、ここでは「VIOラインをすべて脱毛するコース」の費用を紹介してみます。

まず、サロンの場合。

有名サロンの費用は以下の通りです——

減毛にとどめる

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回なので、1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回なので、1回は13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回なので、1回は8,640円)

ツルツルにする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回なので、1回は9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回なので、1回は9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回なので、1回は9,180円)

続いてクリニックの場合。

有名クリニックの費用は以下の通りです——

減毛にとどめる

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回なので、1回は10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回なので、1回は12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回なので、1回は19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回なので、1回は18,540円)

ツルツルにする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回なので、1回は9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回なので、1回は11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックについては、8、9回のコースなし)

この一覧をみると、サロンは回数が多くて割高。一方、普通は料金が高いクリニックが、VIOだとリーズナブルなことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特に格安なので、料金だけを考えると第一候補となるでしょう。

なぜVIO脱毛には痛みがともなうの?

VIO脱毛の体験者に向けたアンケートの結果によると、90%の女性が「施術は痛い」と感じたそうです。

その理由については2つの理由が考えられます——

・デリケートゾーンの皮膚が特に薄いから
・太い剛毛ばかりが生えているから

マシンの脱毛は、高熱によって発毛機能を弱体化します。その際に、毛穴も軽い火傷状態になるのですが、皮膚が薄いと痛みが増してしまいます。

また剛毛だと、それだけ毛根もサイズが大きくなります。毛穴への接触面も増え、痛みもその分強くなってしまうわけです。

なお、サロンとクリニックでは脱毛方式に差があるため、痛みの度合いも違います。

医療クリニックでは「レーザー脱毛」が使われていて、こちらはパワーが強いのが特徴。毛根の発毛組織を完全に死滅させるため、痛みが激しくなります。

そして脱毛サロンで使われるのが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。この脱毛方法はマシンの種類によってさらに細分化されていて、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛の4つが存在します。

これらは威力がレーザーほど強烈ではありません。そのために痛みはマシなのですが、特に痛みが軽いのがハイパースキン脱毛です。

これは、発毛を促進するバルジ領域という組織にダメージを及ぼす新方式。これまでよく使われてきたIPL脱毛に比べ、光の威力がはるかに弱いため、痛みがさらに減少されます。

「痛みはできるだけ避けたい」という女性には、このハイパースキン脱毛がオススメです。

脱毛の施術の流れについて

未経験者が初めて施術を受ける時は、色々と不安を覚えるものです。

そこで、施術の手順について説明してみることにします(脱毛をする場合サロンと医療クリニックのどちらかに行くことになりますが、どちらも似た流れで施術を行います)。

まず施術の前日にやることがあって、それは施術を受ける部位のムダ毛を、自分で短く処理しておくこと。

「せっかく脱毛してもらうのに、なんで自分で処理をやらなきゃいけないの?」と不思議に思う人もいるでしょう。

実は、脱毛で用いられるレーザー系のライトは黒いメラニン色素に反応する特徴を持っていて、毛に照射されると高熱のエネルギーに変化します。もし毛があまりに長く伸びていると光線が反応してしまい、肌に火傷を負わせる危険性があるのです。

そのために、どこのパーツのムダ毛でも、必ず短く処理しておく必要があります。

なお、自己処理の際は毛抜きやカミソリは用いず、電気シェーバーを使用しましょう。

ツルツルにするのではなく毛の一部は残す場合でも、施術の2回目〜4回目にかけては全部シェーバーで剃り上げておきましょう。その方が仕上がりがキレイになります。

続いて施術当日の手順です。

施術に持参するものですが、会員カードだけあれば問題ありません。ただ、施術後は肌が刺激に弱い状態になるため、肌にフィットした下着や服は着ていかないほうが無難です。

いよいよ施術に入りますが、まず紙パンツと専用ガウンが渡されますので、それに着替えます。続いて施術用のベッドへ。

それからは、以下のような流れとなります——

1.最初に施術パーツの状態(肌の乾燥はどれくらいか?)をチェック
2.問題がなければ施術パーツを消毒
3.ジェルを塗り、施術パーツを十分に冷やす
4.脱毛マシンでライトを肌に照射
5.再び施術パーツを冷やし、十分に保湿する

照射前と後にパーツを冷やすのは、上で書いたように毛に高熱が加えられるので、その熱が周辺に伝わらないようにするためです。特にVIOは皮膚が薄いので、この冷却作業は大切です。

照射後は冷却するとともにミルクローションなどを用いて保湿します。サロンやクリニックによってはデリケートゾーン専用のローションを使用するところもあるようです。

脱毛後、施術パーツにかゆみ、赤み、腫れが生じる場合がごくたまにあります。その時は冷やしたタオルを当てましょう。ほとんどはすぐに治ってしまいます。

なお、脱毛した後の肌はちょっとした刺激でもトラブルを起こしがち。次の3つは必ず守って下さい——

・施術当日の入浴は厳禁。ぬるめのシャワーにする
・汗をかくような運動は避ける
・施術したパーツは日焼けしないようにする

あと、保湿に注意を払うことが重要です。普段使用しているローションでいいので、肌をキッチリとケアして下さい。

施術後、いつから毛が抜け始めるの?

「脱毛のためサロンやクリニックで施術をしてもらったものの、なかなか毛が抜けないのでイラつく」——

ネットで脱毛の感想を読んでいると、こういった不満の文章を見かけることがあります。

時々、勘違いしている人がいるのですが、施術してもらったからといってすぐに毛が抜け始めるわけではありません。

大体の目安として、毛が抜け始めるのは施術からしばらくたってからで、2週間経つとその部位がツルツルになります。

施術以降の流れは、次のようになっています——

1)照射によって毛根がダメージをこうむる
2)毛根が徐々に弱体化していく
3)毛根が毛を支えられなくなる
4)毛根からムダ毛が抜け落ちていく

なお、施術が最初という人は——

・痛みを軽くしようとスタッフが照射威力を弱める
・照射が初めてなので、まだ毛根の発毛能力が維持されている

という理由から、毛が抜け始めるのが遅くなるようです。

また、サロンの場合はマシンのパワーが弱く、硬い毛には効果が発揮できないことがあります。

そんな人は医療クリニックのレーザー脱毛を試してみましょう。

いかがだったでしょうか? 初心者向けにVIO脱毛の情報を色々と紹介してみました。

もしデリケートゾーンをカミソリなどでよく自己処理しているという女性がいたら、ぜひ脱毛に挑戦することをオススメします。
上で述べたように自己処理は肌に悪く、色々なトラブルを引き起こします。

脱毛すればデリケートゾーンが衛生的になるだけでなく、厄介な肌トラブルが起こりづらくなります。

美脚を保つためにも足脱毛を

TWICEなどの活躍で再び韓流アイドルに注目が集まっています。
彼女たちの魅力のひとつが、そのスラリと伸びた美脚。
肌を大胆に露出した姿でダンスを踊る姿が日本の女性の心を捉え、それをフリマネして学園祭や結婚式で披露する人も多いようです。

確かに、足というのは極めてフェミニンな部位。密かにその美しさを自慢に思っている女性はダンスはしなくとも、普段からミススカートなどをはく事が多いでしょう。

ただ、見せびらかしながら街を歩くのはいいのですが、気をつけなければならないのが、足に生えているムダ毛です。

キッチリ処理していないと見栄えが悪いですし、せっかくの美脚に視線を向けた人からも「あんなに見せびらかしているのに、肌のお手入れをしないなんてだらしがない」とこっそり悪口を言われかねません。

もちろん、美意識の高い女性は欠かさずに自己処理をおこなっているでしょうが、カミソリ、毛抜き、除毛クリームといった市販の処理製品は肌へ負担がかかり、せっかくの美しい足に黒ずみなどを残す危険性があります。

見栄えを整えるためにやっているのに、肌トラブルを引き起こしては話になりません。

「トラブルを起こす自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックに出かけて脱毛しようかな……」

そういう考えが頭をよぎる女性も少なくないでしょう。

でも脱毛を経験したことのない女性にとって、契約した上でわざわざ施術に通うというのは、考えただけでハードルが高い行為です。

「脱毛が終わるまでに、一体何ヶ月くらいかかるの?」
「施術の頻度ってどれくらい?」
「施術のせいでかえって肌トラブルが起きない?」
「料金はリーズナブルなところでいくら?」

これらの疑問が障害となって結局サロンやクリニックには足を向けず、肌に悪いと分かっていながら自己処理をやっている、という女性も少なくありません。

そこでこのページでは、サロンやクリニックの足脱毛の料金、お得なお試しプラン、そして脱毛完了までの期間などについて、詳しく説明してみることにしました。

以下の情報が、脱毛未経験者の疑問を解消できれば幸いです。

料金の点で最もお得なサロンと医療クリニックは?

サロンや医療クリニックの足脱毛では、「ひざ上」「ひざ下」「ひざ」「足の甲・指」といった細かいパーツに分けた上で、それぞれの施術がおこなわれます(もちろん、足全体をまとめて施術するパックプランも別にあります)。

サロン、クリニックによってそれらの費用は大きな幅があるので、脱毛したいと思ったら公式サイトなどを丁寧にチェックしましょう。
細かく料金を比較検討することによって、より廉価に脱毛ができます。

ただ、最近では全国各地にサロンとクリニックが乱立気味です。あまりにも数が多すぎて、いちいち調べるのも大変かもしれません。

そこで、特に料金の点で推薦したいところをいくつか挙げてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円[施術6回]
・ひざ下……18,000円[施術6回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円[施術8回]
・足全体……48,000円[施術8回。ひざ上・ひざ下は6回]

銀座カラー

・ひざ上……42,000円[施術8回]
・ひざ下……42,000円[施術8回]
・ひざ……21,000円[施術8回]
・足の甲・指……21,000円[施術8回]
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円[施術8回]
・ひざ下……31,200円[施術8回]
・ひざ……14,400円[施術8回]
・足の甲・指……14,400円[施術8回]
・足全体……91,200円[施術8回]

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円[施術8回]
・ひざ下……31,840円[施術8回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円[施術8回]
・足全体……95,520円[施術8回]

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円[施術5回]
・ひざ下……41,250円[施術5回]
・ひざ……13,750円[施術5回]
・足の甲・指……13,750円[施術5回]
・足全体……92,900円[施術5回]

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円[施術5回]
・ひざ下……89,800円[施術5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円[施術5回]
・足全体……119,800円[施術5回]

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円[施術6回]
・ひざ下……81,000円[施術6回]
・ひざ……28,750円[施術6回]
・足の甲・指……28,750円[施術6回]
・足全体……219,500円[施術6回]

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円[施術5回]
・ひざ下……60,000円[施術5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円[施術5回]
・足全体……100,000円[施術5回]

となりました。

サロンに関しては、なんといってもミュゼがずば抜けて格安です。ひざ上、ひざ下の両方を脱毛しても、36,000円しかかかりません。
この2部位を施術するだけでいいなら、他のサロンに比べて数万円も安くすみます。

ただ、足の全てのムダ毛を処理したいとなると、銀座カラーが最もお得でしょう。何しろ151,152円の料金で通い放題。太ももからつま先まで徹底的に足を無毛にしたい女性は、このプランを選ぶのがベストです。

続いてクリニックの方ですが、料金はサロンより相当高額になっています。その中でおすすめしたいのはアリシアクリニック。足全体(ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指)を施術可能な「足全体プラン」が92,900円となっています。

医療クリニックには、部分的な脱毛ですら40万円という高額な料金をとるところもあります。
それと比較すれば、アリシアクリニックの10万円以下のプランは驚くほどリーズナブルです。

初めての脱毛はジェイエステティックで

全身脱毛に比べると部分脱毛はずっと安価なのですが、足は面積が大きいということもあって、その脱毛料金はどうしても高くなります。
「脱毛をやったこともないのに、いきなり値段の高いコースを契約したくない」という人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」というコースです。

これなら、両ワキとお好みの3部位が脱毛可能。しかも費用は驚きの300円です。もちろん回数に制限はありますが、脱毛がどんな感じか知りたい人にはピッタリです。

これで脱毛を体験後、改めて自分に合った店やプランを探しましょう。

脱毛完了までの日数、および施術の頻度は?

足脱毛の費用については、上の文章でおおよそ見当がついたかと思います。

続いて、脱毛完了までの日数、および施術回数とその頻度について、説明しましょう。

サロンとクリニックのホームページで回数&期間をチェックすると、次の通りになりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

いかがでしょうか? 「考えていた以上に日数と施術の回数がかかる」と思われたかもしれません。

実は、他のパーツに比べると足というのは脱毛効果が出やすい、とされています。それでもこれだけの施術回数と長い日数が欠かせないのです。

これには毛の成長サイクルと、サロンやクリニックでの脱毛方法とが密接に関わりあっています。

それを以下の文章で解説していきましょう。

脱毛に時間と手間が必要とされる理由とは?

まず、脱毛方法から述べていきます。

現在、サロンとクリニックで施術に使用されているのは、ほとんどがレーザー技術を応用したマシンです。肌に直接光線を照射し、毛根にダメージを与えて脱毛します。

この光線には「黒いメラニン色素に反応する」という特性があり、黒い毛にぶつかると熱エネルギーに変わります。

この熱エネルギーが毛乳頭、皮脂腺開口部、毛母細胞などの発毛組織に大きな損傷を与え、発毛をストップさせるのです。

「それならムダ毛に光線を1度当てれば施術完了では?」と思われるかもしれませんが、そう都合良くはいきません。というのも、皮膚から外に出ているムダ毛は全て同じように見えても、毛根部位では一本一本に違いがあるからです。

全ての体毛は「伸びては抜ける」というサイクル(毛周期)によってその本数を保っています。この毛周期は3つの期間(「成長期」「退行期」「休止期」)に分かれていて、このうち脱毛の効果が上がるのは、「成長期」(毛が成長している時期)だけです。

「退行期」と「休止期」はどちらも毛の成長が止まっているので、光線をいくら当てても効果がありません。

施術によって成長期の毛は2週間もすると全て抜け落ちてしまい、そこは1〜2ヶ月くらいツルツルの状態になります。

やがて毛が成長してくると再び施術。これを何度も繰り返すと毛根が弱体化していき、ムダ毛の数が減ってきます。

このようにして発毛機能を阻害し、ようやく脱毛が終わるわけです。

そのため、施術のペースがスロー(1〜2ヶ月に1度)になるのもやむを得ないことです。

以上、脱毛になぜ時間が要るのか、お分かり頂けたでしょうか?

サロンとクリニックでは脱毛方法はどう違うのか?

現在、脱毛の施術が可能な場所は、脱毛サロンと医療クリニックの2つです。

この2つがどう違うのかというと、1番大きな差は脱毛方法です。

サロンは「光脱毛(フラッシュ脱毛)」、そしてクリニックは「レーザー脱毛」をメインに使っています。

上で説明したように「レーザー系の光を応用している」という点では、サロンもクリニックも同じことです。
ではどういう点に違いがあるのかというと、毛母細胞や毛乳頭といった発毛組織にダメージを与えるパワーです。

レーザー光というのは、フラッシュ脱毛で照射されるIPLよりも波長が長く、肌の奥に潜んでいる毛根に確実に届きます。そのため、毛乳頭や毛母細胞が完璧に破壊することが可能で、脱毛効果がサロンの施術より長続きします。

それだけレーザー光の威力は強烈なので医療行為に当たり、医師免許を持った人でないとマシンを操作できません。

また、脱毛を終えるには大体2ヶ月おきに光を何回も照射する必要があるのですが、パワーの弱いIPLの場合は脱毛完了まで8〜12回もかかるのに対し、レーザー脱毛の場合は5〜6回で充分です。

もし少ない日数で効果的に脱毛したい人は、レーザー脱毛を選びましょう。

ただレーザーによる脱毛には大きな欠点があります。それは施術時の痛みが激しいこと——。

痛みが嫌いという女性には、新しく発明された脱毛機器「ライトシェアデュエット」での施術がおすすめです。このマシンの特徴は、毛根部位にピンポイントでレーザーを照射できること。
おかげで肌の痛みが以前よりも少なくてすみます。

現在ライトシェアデュエットを導入しているクリニックには、アリシアクリニック、レジーナクリニックがあります。ぜひ公式HPで詳細をチェックしてみましょう。

施術の後の入浴はなぜ厳禁なのか?

サロンや医療クリニックで施術してもらうと、必ずといっていいほど「今日はなるべく入浴をひかえて下さい」とスタッフから言われます。

人によっては「別に手術してもらったわけじゃないのに、なぜお風呂に入ってはいけないんだろう」と不思議に感じるかもしれません。

確かに施術においてはメスもハサミも使わないし、血も流れません。しかし、脱毛機で照射されるIPLやレーザーは、毛穴やその付近にある肌組織に火傷に近いダメージを与えます。

そのような損傷を悪化させないためにも、血行が良くなる行為、つまり入浴、飲酒、激しい運動などは「なるだけしないように」と言われるわけです。

損傷が悪化してしまうと、かゆみや赤みといった軽微な症状ばかりでなく、炎症が起こったりします。そうなると皮膚にその痕が残ることもあります。

施術スタッフからのアドバイスは守り、術後の肌をしっかりと保護しましょう。

以上、初心者向けの足脱毛の情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

繰り返し述べてきたように、毛抜きやカミソリを用いた自己処理はおすすめできません。処理を不要にするためにも、サロンや医療クリニックでぜひ1度脱毛してみましょう。
施術に通ううち、肌の美しさがさらにアップしていくはずです。

腕脱毛に興味があるけど、不安がぬぐえない……

夏は四季の中でも1番開放的なシーズン。
近年のとんでもない暑さもあって、肌を露出する女性が多くなっています。

その時に気になるのが腕に生えているムダ毛です。外出中に他人の目に触れやすく、しっかり処理されていないと「だらしがない」と軽蔑されかねません。

ただ面積が広いこともあって、腕の毛というのは自己処理がかなり面倒です。おまけに自己処理を続けていると肌トラブルも発生しがち。
埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)といった症状も起こりやすくなり、そのケアでさらに時間と手間がかかることになります。

「いっそのことサロンやクリニックに通って脱毛しようかな……」

そういう考えが頭をよぎる女性も多いはず。でも脱毛初心者にとって、施術を受けるというのは何となく不安感を覚えるものです。

「通うのって何ヶ月くらい?」
「施術は何度受ければいい?」
「痛みはどれくらい? 痛みなしで脱毛できる?」
「料金は結果的にいくらかかるの?」

結局、これらの疑問が障害になり、サロンやクリニックに通わずに自己処理を続ける、という人も少なくありません。

そこでこのページでは、腕脱毛の情報やサロン&クリニックの選び方などについて詳しく解説し、脱毛未経験者の不安を解決してみることにしました。

以下の情報が、ムダ毛で悩んでいる女性の助けになることを願っています。

自己処理の道具・器具について

最近は技術の進歩もあって脱毛の料金が下がり、ちょっとしたブーム状態を呈しています。キャンペーンも盛んにおこなっているため、初心者でも手軽に脱毛できるようになりました。

それでも「脱毛に高いお金を出すなんてもったいない」と思っている女性も多いかも知れません。

でも、肌へどれだけ悪い影響を与えているかを考えると、ムダ毛の自己処理はやはりやめるべきです。

自己処理用の道具とそのメリット・デメリットを一覧にしてみると——

カミソリ

・メリット……手軽に使え、短い時間でムダ毛処理が可能
・デメリット……角質がそがれることが多く、肌の潤いが失われる

毛抜き

・メリット……毛根ごと抜くのでブツブツがない
・デメリット……毛穴に負担を与え、肌トラブルを起こしがち

除毛クリーム

・メリット……塗ればいいだけなので、広い部位に適している
・デメリット……刺激が強く、炎症を生じやすい

電気シェーバー

・メリット……刺激が少ない上に、場所を問わずに使える
・デメリット……剃り残しが出てしまい、肌触りが悪い

となります。

この中で最もマシなのが電気シェーバー。肌への刺激が最も少なくてすみます。ただ剃り残しが多く、太い毛質だとどうしても毛穴のブツブツが目立つことになります。

その他の道具はいずれも肌への負担が大きく、ずっと使っていくと肌のコンディションを悪化させます。

やはり肌を美しくキープしたいなら自己処理は避け、サロンやクリニックに通うことをおすすめします。

腕脱毛によるメリットとは?

プロの手で脱毛してもらうと、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

1.ムダ毛を気にかけずに思う存分オシャレできる

腕は年間を通じて露出する機会が多く、そこに伸びたムダ毛にも人の視線が向けられがちです。

恥ずかしい目にあわないためには自己処理が欠かせませんが、サロンやクリニックで脱毛すればそれも要りません。
他人の視線を心配せずに自分好みのファッションを楽しめます。

2.時間のかかる自己処理から解放される

腕のムダ毛は人に気づかれやすいものです。神経質になって数日置きに剃ったり抜いたりしている女性もいるようですが、脱毛が成功すればそんな作業から解放されます。

3.脱毛の施術で肌のケアも可能

市販のムダ毛処理製品を使っているせいで、肌トラブル(埋もれ毛、肌荒れ、色素沈着)に悩んでいる女性も少なくありません。

サロンで脱毛すると、IPLという特殊な光によってそれらのトラブルの治療が期待できる上に、肌に潤いを与えるアフターケアも受けられます。
施術を続けていくと、肌そのものがキレイになっていくでしょう。

腕脱毛の平均費用はどれぐらい?

腕脱毛のことを考えた際、真っ先に気になるのがその料金でしょう。

今、腕脱毛の料金はいくらくらいなのでしょうか? 有名サロンや医療クリニックのHPでその費用を調べ、その平均額を出してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額に。

これで分かる通り、サロンとクリニックでは後者の方が値段が高くなっています。

これはクリニックの方が扱いの難しい医療脱毛レーザーを扱っていて、コストや人件費がかさむことが一因です。

レーザーは出力パワーが強く、それだけ脱毛効果も早く出ます。
サロンだと1年以上経っても毛が減った実感がわかなかったのに、クリニックでは半年も経たないうちに効果があったという口コミも見受けられます。

しかし、出力パワーが強いことにはデメリットもあります。それは痛みが強いこと。

中にはレーザー脱毛の痛みに耐えられず、途中でサロンに通い直す方もいるほどです。

つまり

・少々の痛みは大丈夫
・値段は高めでも早く脱毛を終わらせたい

といった人はクリニックがおすすめです。

現在の脱毛の方法とは?

脱毛は古代オリエント時代にはすでにおこなわれていたそうです。科学が発達しなかった頃はずいぶん乱暴な方法で脱毛していたようですが、やがて近代に入ると、最新技術を用いた施術へとシフトして行きました。

少し前まで脱毛というと一般的によく用いられていたのが「ニードル脱毛」(あるいは「美容電気脱毛」)という方法。電気針を毛穴に突き刺し、発毛機能に損傷を与える、というものです。

発毛を阻害するという点ではよいのですが、何しろ針を刺すので相当な痛みを伴います。
それに時間がかかるデメリットもあって現在は廃れてしまいました。

代わってメインとなったのが、レーザー技術を応用した方法。肌の奥で照射した光を熱エネルギーに変え、毛根にダメージを及ぼします。

サロンにおいては、IPL(インテンスパルスライト)による「フラッシュ脱毛」が最もよく使われています。このライトは高熱のパワーで皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞などの機能を弱めます。

IPLは威力が抑えられているので、脱毛終了まで相当な日数が必要となります。
ただ、料金はその分リーズナブルで、痛みも軽微ですむ、という良さもあります。

そして、クリニックの方でよく使われているのがレーザー脱毛。アレキサンドラライト、ダイオード、YAGといった波長の異なるレーザー光を照射しますが、いずれも威力は抜群で、発毛組織を完全に破壊することができます。

痛みが強いので人を選びますが、脱毛を短い日数で終わらせたい場合は最適です。

サロンとクリニックはどれだけ違う?

脱毛する場合はサロンかクリニックのどちらかと契約するわけですが、この2つにはどんな差があるのでしょうか?

それぞれの特徴を列挙してみると——

脱毛サロン

・「フラッシュ脱毛」を用いて施術
・永久脱毛はできず、抑毛、減毛だけ
・料金はリーズナブル

医療クリニック

・主に「レーザー脱毛」を用いて施術
・永久脱毛ができる
・料金はかなり高い

となります。

さらに、クリニックについては——

・施術部位によってはサロンよりもリーズナブルな時がある
・医師の資格を持ったスタッフが施術する

といった特徴もあります。

これらをチェックすると「料金は高いが、永久脱毛のできるクリニックを選びたい」という人が多いかもしれません。

ただ、「通えるところに脱毛クリニックがないので、サロンしか選びようがない」という地方の方もいるでしょう。

でもガッカリすることはありません。サロンの中には、脱毛が終わった後も施術ができるプランを設けているところがあります。これなら永久脱毛と変わりません。

また薄毛の場合、サロンの脱毛でも効果は十分なので、わざわざクリニックと契約する必要はありません。

脱毛ってなぜ日数がかかるの?

腕脱毛が完了するまでの施術の回数と期間はどれくらいでしょう?

一応の目安は——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

なぜこんなに手間と時間が必要なのでしょうか? それには「毛周期」が関わっています。

すべての毛は「成長期」「退行期」「休止期」という時期を経ながら古いものから新しいものへ抜け替わっていくのですが、毛周期はそのサイクルを指します。

腕毛も、肌から伸びているものはこの3つの時期のうちのどれかに該当します。そして施術の効果があるのは、成長期の毛に限っているのです。

退行期と休止期の毛は、すでに毛根から離れてしまっているので、いくら施術しても毛根に損傷を与えることができません。

ですから成長期の毛をターゲットにしない限り、ムダ毛は毛根の働きで再び伸び始めてしまうわけです。

サロンもクリニックも、この周期に合わせて施術をしなければなりません。そうなると2〜3ヶ月に1回のペースとなるため、完了までの期間がとても長くなるのです。

医療クリニックの場合は、サロンよりも施術回数は少ないのですが、それでも1年ほどはかかります。

利用者によっては、1年以内に施術部位が無毛状態になったという方もいますが、それも一時的なもの。退行期、休止期を経て成長期になると、毛が再生することが珍しくありません。

毛の太さ、体質などによっても当然個人差はあるのですが、とにかく施術は長期間かかるということを覚悟しておきましょう。

腕脱毛にピッタリのサロンとクリニックはどこ?

腕脱毛におすすめのサロンとクリニックを、ひとつずつあげてみます。

まずはサロンから——

ミュゼ

ミュゼの顧客数は現在330万人を超えています。それに店舗数、売上、満足度も業界でトップ。電車などでその広告を見た人も少なくないはずです。

キャンペーンや新規特別価格などのディスカウントを常におこなっていて、初心者でも施術を受けやすくなっています。

特に腕脱毛をうたったプランはないのですが、「フリーセレクト美容脱毛コース」の「Lパーツ」を選べば、効率良く腕を脱毛することができます。

これは腕、脚などの大きな部位をターゲットにしたプランで、9つの部位の中からいくつか選び、契約した回数を割り振って施術を受けられます。

また、全身脱毛コースを選べばさらにディスカウントが適用されるので、腕以外の脱毛もしたい人は他の部位と併せて契約する方がお得かもしれません。

さらにイタリアのDEKA社が発明したSSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛機を採用しているのもメリットのひとつ。

この方式はクリプトンライトと専用のジェルとの組み合わせで脱毛効果を発揮するもので、従来のIPLよりも光の照射パワーが抑えられているため、施術時の痛みがずっと軽くなっています。

照射時に痛みがあると聞いて施術を受けなかった人でも、ミュゼなら安心して脱毛できます。

次にお勧めのクリニックは——

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは、脱毛クリニックの中でも知名度が抜群。テレビでCMを流しているため、脱毛に興味がなくても「名前だけは知っている」という人は多いはずです。

ここで腕脱毛をする場合、Lパーツの「両ヒジ上」と「両ヒジ下」を選ぶのがおすすめです。

契約時には、ぜひ「ポイントカード会員」や「プラチナカード会員」になっておきましょう。これで料金が3%〜5%も割り引かれるため、年会費1万円を払ってもお釣りがきます。

また、「手足スッキリセット」というプランも用意されており、こちらなら計4つの部位(ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下)の施術を受けることができます。

ちなみに湘南美容クリニックの大きなメリットは、施術の有効期限がないところ。

大抵の医療クリニックでは施術のタイムリミットが決められていて、契約から1年ほどで施術が受けられなくなり、最初に払った料金がムダになってしまいます。

湘南美容外科クリニックにはこのタイムリミットがありません。
契約した分だけ必ず施術を受けられます。

以上、腕脱毛についての初心者向けの情報、さらに人気のサロンとクリニックを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参照しながら、自分の好みに合ったサロンやクリニックを見つけて下さい。
施術によって自己処理がいらなくなり、肌のコンディションがよくなるはずです。

顔脱毛のすすめ

女性にとって「美しさ」を最もアピールできるバーツは、何といっても”顔”。

特に外見を気にする人は、その見栄えをよくするために日々手入れに余念がありません。

でも毎日手入れをしていると、つい、邪魔だな、と眉をしかめてしまうモノがあります。

それは頬、フェイスラインといった部位に生えている産毛——。

鼻の下に生えた産毛など、ヒゲそっくりなので必ず剃ったり抜いたりることになりますが、そうやって自己処理していると色素沈着などが生じやすくなります。

女性の中には産毛を消すため、サロンで脱毛してもらう人もいます。

かつて、顔脱毛の費用は安いとは言えませんでした。顔は施術が難しく、キャンペーンでも値下げ対象にされなかったのです。

ところが脱毛の色々な技術が発明されたこともあって費用も下がり、産毛処理に通う人も急増しています。

とはいっても、未経験者がサロンに通うのは何となく億劫なものです。

そこでそんな人向けに、顔脱毛の詳細な情報、そしておすすめサロンについて紹介してみることにしました。

以下の情報が、産毛の悩みの解消に役立てば、と思います。

現在の脱毛方法はどうなっているのか?

顔脱毛について述べていく前に、現在サロンで行われている脱毛方法について解説しておきます。

かつては「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)というのが脱毛方法としてポピュラーでした。

これは毛根の発毛機能を阻害するという点では抜群ですが、毛穴に針を刺していく方法なのでどうしても痛みがあります。
おかげで、「脱毛は痛い」というイメージが広く世間に流布しました。

技術革新により、代わってメインになったのが「光脱毛(フラッシュ脱毛)」という方法。レーザー系の特殊な光をムダ毛のある肌に照射していきます。

光といっても種類は色々ですが、そのうちサロンで最も使われているのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

この光は毛根に含まれるメラニン色素に反応すると熱エネルギーへと変化。
発毛を促進する組織(毛母細胞や毛乳頭)に大きな損傷を与えるのです。

IPLは、エステで美肌効果を得るために使われていました。ところが顧客から「毛が生えなくなった」という感想が寄せられ、脱毛効果が明らかになりました。シミなども治癒できるため、脱毛の施術を続ければ肌のコンディションも良くなります。

最近はSSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新方式も登場し、新しいサロンで導入されています。
色々なメリットがあるので、情報を各HPで調べた上で施術を受けるといいでしょう。

施術可能な顔の部位はサロンによって違う

顔脱毛にあたってまず注意すべきなのは、各サロンで施術できる部位が違う、ということです。

あるアンケートでは、顔で脱毛したい部位として、眉間、鼻の下、アゴが上位を占めています。
ただこれらにしても、施術の可否については店によって異なります。

たとえば、有名サロンの施術部位を並べてみると——

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……もみあげ、鼻下、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

ミュゼ……鼻下、顎

となっており、各サロンで違いがあります。

ということで、宣伝に「顔脱毛も対応」と記してあったとしても、そのサロンでこちらの希望する部位を脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

サロンまで折角行ったのに「そこは対応してません」と言われると時間がムダなので、脱毛できる部位についてはしっかりとチェックしておきましょう。

顔脱毛の平均料金はいくらくらいなの?

顔脱毛にあたって、まず気にかかるのは、

「料金はどれくらい必要なのか?」

ということでしょう。

有名サロン20社のデータによれば、顔脱毛の平均料金は「41,033円」となっています。

この金額を「高い」と感じるのか「安い」と感じるのか——。それはどれだけ脱毛したいかによるでしょう。

ちなみに顔脱毛は医療クリニックでも可能です。

こちらもデータによって平均値を出すと、「131,325円」となりました。

つまり医療クリニックの場合、サロンの3倍以上のお金がかかるわけです。

さすがに13万は高すぎると思う人もいるでしょうが、クリニックでは「永久脱毛」が可能で、高い費用に見合った施術が受けられます。

どちらにするかは料金と効果を見比べて決めて下さい。

初心者へのおすすめは「お試しコース」

サロンでは顧客獲得のために多彩なプランを用意していますが、その中で初心者にピッタリなのが「お試しコース」。

脱毛を実際に経験することでそのサロンの接客態度や脱毛技術が分かり、正規プランを契約するかどうか参考にできます。

注意したいのは、申し込みはネットでおこなうこと。
店に電話を入れるより、特典がついてお得です。

ネットで申し込みをする際に来店日を決め、その日に出かけるわけですが、まず最初に行われるのがカウンセリングです。

脱毛希望部位や病歴の聞き取り、脱毛についてのガイダンス、プランに関する説明などが主な内容。

めったにない良いチャンスなので、

「脱毛が終わるまで店にはどのくらい通うのか?」
「施術に使われる脱毛器はどういう形式のもの?」
「永久脱毛はできるのか?」

など、色々と質問してみましょう。

初日はカウンセリングのみで終了。施術は予約をその場で入れて後日受けることになります。

施術の時は——

・スタッフのサービスの良し悪し
・施術時の痛みはどれくらいか
・術後の保湿ケアに気を配っているか?

などをチェックしましょう。

これで合格なら、そのまま正規プランへ進むことになりますし、不合格だと契約は結ばず、他の店を調べることになります。

最近は新規サロンが続々とオープンしていますから、自分に合う店にきっと出会えるはずです。

顔脱毛なら「キレイモ」か「ジェイエステティック」へ

顔脱毛でおすすめの2店を紹介します。

まず「キレイモ」。渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるなどを起用したCMでおなじみ。脱毛サロンの中でも知名度ではピカイチでしょう。

キレイモの顔脱毛のメリットは、他のサロンよりも施術できる箇所が圧倒的に多いこと。そのため、他店では満足できなかった顧客がキレイモで脱毛し直す、というパターンが多いようです。

続いてオススメしたいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気を博しているのが「フェイス6」というプラン。1回当たりの料金がわずか2,500円ですから驚きます。「最初の施術はなるべくリーズナブルな料金で受けたい」という初心者にはもってこいです。

「顔脱毛をしたいんだけど、サロンがあまりにも多すぎて迷っている……」という女性は、ぜひ上記の2つのサロンをサイトでチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛に関して基本となる情報を色々と紹介しました。

これ以降は、施術を続けるうちに感じてしまう疑問点や、脱毛に当たって気をつけるべきポイントについて説明していきましょう。

歯の治療中も脱毛の施術は可能?

ムダ毛が完璧に生えないように処理するには、思った以上に日数と手間がかかります。数ヶ月に渡ってサロンに通い続けることも当たり前なので、その間に虫歯の治療などのため歯医者に行く人もいるでしょう。

仕事で多忙な時など、歯の治療と脱毛の両方を時間を空けずにおこなうことがあるかもしれません。
こんな場合、何か問題が発生しないのでしょうか。

その点をサロンに訊いてみると、「通常の歯の治療なら大丈夫です」とのこと。

ただ、注意しないといけないのは、歯医者で渡される痛み止めについてです。

実は、一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

これは光の照射で過剰反応が起こる症状。この発生を避けるため、施術前は痛み止めを摂ってはいけないことになっています。

むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが出ると厄介なので、うっかり痛み止めを摂ったら必ずスタッフに告げるようにして下さい。

また歯列の矯正をおこなっている時は、器具に光が反応して熱が発生することがあります。
口の中が火傷状態になると大変ですから、その周りの施術は避けるようにしましょう。

ただプラスチックやセラミックのような非金属の器具なら、施術しても問題ありません。

このように条件は色々なので、必ずスタッフと相談の上で施術を受けて下さい。

顔にニキビがある場合、脱毛はできなくなる?

脱毛では黒いメラニン色素に反応するレーザー系の光を使うため、ごくたまに体調に変化があらわれる人もいます。そのため、サロンでは施術に関して様々な制約を設けています。

たとえばムダ毛が伸びていると、そこで光の反応が起き、表皮に火傷を負わせることがあります。
それを避けるために客の方で施術部位の毛を剃っておく必要があるのですが、それを怠っていた場合はその部位の施術は不可能となります。

また皮膚の乾燥がひどい場合も施術はできません。毛穴で生じる高熱で肌がさらに乾燥するため、肌トラブルを起こしやすくなるためです。

では、ニキビができたために施術が無理、ということはあるのでしょうか?

色々なサロンに電話して聞いてみたところ、ほとんどの店ではニキビがあっても施術をおこなっています。

というのもIPLという光は、皮膚の奥にある発毛組織(毛母細胞、毛乳頭など)をターゲットにするだけで、ニキビのような色素の薄い部位には無害だからです。施術しても問題は発生しません。

ただ、炎症がひどい場合は注意が必要です。
照射によって状態が悪くなることもあるので、施術可能かどうかはスタッフの判断に任せましょう。

施術を続けていると、そばかすやシミができる?

現在、サロン、クリニック共通で使われている脱毛方法は、黒いメラニン色素だけに反応するレーザー系の光を直接肌に照射する、というもの。

「レーザーのような光が肌に当たったら、紫外線のようにシミができてしまうのでは?」と不安を覚えてしまう人もいるかもしれません。

確かに紫外線を含んだ日光による日焼けは、肌トラブルの主要な原因のひとつです。サロンのIPLも目で直視できないような強い光なので、紫外線と同じように肌に悪い影響があるのでは、と勘違いしがちです。

しかし上で書いたように、サロンで使われる脱毛器は、元々エステで美肌ケア用に活用されてきた実績があります。美肌作りに役立つくらいですから、決して肌に害をもたらすものではありません。

「でもネットをチェックすると『顔脱毛のせいでシミができてしまった』っていう口コミを見かけるけど?」

そう反論する人がいるかもしれません。

このような投稿内容に関しては、2つ理由が考えられます。

まず、ターンオーバーが進んだため、深層に隠れていたシミが肌表面に出てきた、というもの。

施術の刺激によって新陳代謝が促され、シミ予備軍が肌に浮上することは珍しくありません。

ただ、シミのほとんどはさらなるターンオーバーの促進で消えてしまいます。

あと施術の影響で乾いた肌に傷がつき、保湿ケア不足などの理由からそれが痕になってしまうケース。この痕をシミだと思いこんでしまう人がいます。

いずれにせよ、脱毛が直接の原因となって傷やシミが残ってしまうわけではありません。
施術を受けても肌のコンディションは保たれます。

サロンに行くときはスッピンでないといけないの?

契約後にサロンに初めて行く時、未経験者が戸惑うのが、

「メイクはどうしたらいいのか」

ということ。

なにしろ顔を施術するわけですから、化粧をしていたのでは効果も半減するかもしれません。

しかし、素顔でも平気な若い学生ならともかく、常に化粧を欠かさない大人の女性が店に着くまで街中をスッピンで歩くのも大変……。知らないうちはそのことで不安を感じることでしょう。

結論を先に言ってしまうと、普段通りに化粧をしていっても別に問題ありません。

というのも、ほとんどのサロンでは化粧を落とすための専用ブースを設けていますし、自分でやらなくてもスタッフの人がメイクをオフしてくれるサービスもあります。

ただ、ブースやサービスに甘えて濃い化粧をしていくと、それを落とすだけで時間が取られてしまいます。

サロンの人に嫌がられないためにもなるべく化粧は控えめにし、スムーズに施術に移れるように心がけましょう。

以上、顔脱毛について色々な情報を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

ぜひ上記の情報を参考にしながら、自分好みのサロンを見つけて脱毛してみて下さい。
産毛を処理することによって自己処理の必要もなくなり、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

脇脱毛への不安をぬぐおう

ワキ脱毛に興味を持っているけど、不安がぬぐえない……

夏は1年で最も開放的な季節。さらにここ数年の暑さもあって、海やプールに出かける女性が多くなっています。

プールサイドや浜辺では普段以上に肌を露出することになりますが、その時に気をつけたいのがワキに生えているムダ毛です。

しっかり処理されていないと、腕を上げた瞬間などに他人に見られてしまい、「だらしがない」と馬鹿にされかねません。

ただ、ワキ毛というのは自己処理が結構大変です。カミソリで剃っていると1日怠けるだけでブツブツが目立ってきますし、毛抜を使うと痛みが伴い、処理自体が億劫になってきます。

おまけに自己処理というのは肌トラブルがつきもの。
黒ずみ(色素沈着)、埋もれ毛なども起こりやすくなり、そのケアでさらに手間がかかることになります。

「いっそのことサロンに通って脱毛しようかな……」

そう考えてしまう女性も多いはず。でもサロン初心者にとって、施術を受けるというのは何となく不安なものです。

「何ヶ月くらい通う必要があるの?」
「施術って何回受ければいい?」
「痛みはひどいの? 痛みなしで施術できる?」
「料金は最終的にいくらくらいかかるの?」

結局、これらの疑問がネックになり、脱毛サロンへ通わずに自己処理を続ける、という女性も少なくありません。

そこでこのページでは、ワキ脱毛の情報やサロンの選び方などについて詳しく紹介し、そんな初心者の不安を解消してみることにしました。

以下の情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の一助になることを願っています。

「脱毛」とは一体どんなもの?

ワキ脱毛の情報を紹介していく前に、まず「脱毛とはどういうものか?」ということを簡単に説明します。

誤解している人がまだまだいるのですが、サロンや医療クリニックでの「脱毛」というのは、別に毛を抜いていくことではありません。その施術の対象となるのは、皮膚の中に隠れている毛根部分です。

昔は特別な電気針を用いて毛根を焼き切っていたのですが、現在では新しい技術が開発され、特殊な光を肌に照射することで毛根に損傷を与える方法をとっています。

この時に使用されるIPL(サロンで使用)やレーザー(クリニックで使用)といった光は、黒いメラニン色素だけに反応し、すぐに熱エネルギーに変化する特性を備えています。照射すると肌は素通りし、発毛を促進する組織(毛母細胞、毛乳頭など)だけにダメージを与えます。

脱毛の歴史も長いのですが、この方法は時代を画するものでした。おかげで脱毛人口は爆発的に増加し、最近では顔、脚のほか、VIOなどの特殊な脱毛をする人も増えています。

その中でもワキは最もポピュラーな部位。初心者のほとんどは最初にワキを脱毛すると言われています。

また、ワキというのは汗腺が集中しているところです。そのせいで汚れや老廃物が溜まり、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎などの肌トラブルが起こりがち。

ワキのコンディションを良好に保つためにも、ムダ毛を早めに脱毛してもらい、自己処理が不要な状態にしましょう。

ワキ脱毛の気になる詳細(施術回数、料金、痛みの有無)は?

上記の説明で、ワキ脱毛の長所がご理解頂けたでしょうか?

「すぐにでもサロンと契約して施術を受けたい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようなことが気にかかると思います——

・施術回数は平均でどれくらいなのか?
・料金は最終的にいくらぐらい必要なのか?
・施術時の痛みはあるのかどうか?

これらのポイントについて、ひとつひとつ説明していきましょう。

最初に施術回数についてです。脱毛というのは安直なものではなく、1、2回の施術では終わりません。ムダ毛を完全に処理するには、かなり長い日数が必要となります。

特にワキは集中的に剛毛が生えている厄介な部位。さらに毛根が深い場所にあり、他の部位よりも施術に手間がかかると言われています。そのため、顔や脚よりも施術回数が多くなってしまうのです。

もちろん個人差はあるのですが、脱毛完了まで12回から18回は必要、と考えておいた方がいいでしょう。

続いて費用について。

こればかりはサロンによってバラバラです。老舗の高級サロンにはリッチな顧客が多いのか、施術ごとに高額な料金を請求するところもあります。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けで、どの店でも値段は安くなっています。

「その中でも特に格安店は?」と思ってネットでチェックしてみると、ぜひ推薦したい店がありました。

それは「ミュゼ」。雑誌の広告などで知っている人もいるでしょう。

特にオススメなのは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。何しろ料金はわずか100円です。

こんな価格で脱毛可能なところは他には見つかりません。
安価に施術したい人にはピッタリと言えます。

最後に痛みの有無について。

正直言って、施術の際に痛みはあります。

というのも、サロンでのIPLによる脱毛というのは毛根が高熱に包まれるため、その周辺の毛穴や皮膚も軽微な火傷状態に陥ってしまうのです。これは、いわば皮膚の奥にお灸をすえたような感じです。

もちろん火傷と言っても耐えられないものではないのですが、ムダ毛の周辺が熱を持った状態というのはあまり快適なものとは言えません。

効率的とは言え、このようなデメリットをもつIPL方式を改善しようと、最近になって様々な方式が新たに考案されています。

その中のひとつがSSC方式。

SSC方式がIPL方式と違うのは、クリプトンライトを用いる、というところ。

IPLでは光を照射するだけで脱毛効果があるのですが、クリプトンライトは単独では役立ちません。

ではどうするのかというと、専用のジェルを肌に塗ります。

その上でライトを当てると毛根が損傷を受け、発毛がストップできるのです。

SSC方式の最大のメリットは、ジェルとの組み合わせで効果を上げるため、高熱の必要がない、ということ。したがって痛みもほとんどありません。

「とにかく痛みが苦手」という女性も、SSC方式なら大丈夫です。

ワキ脱毛で失敗しないために

「ミュゼがおすすめ」と書きましたが、近隣に支店がないこともあります。そんな時は、他のサロンに通わなければなりません。

ただ、最近は新規のサロンが増え、店舗が乱立気味です。
数が多すぎて、初心者はどこがいいのか判断がつかないでしょう。

また、各サロンが盛んにキャンペーンを行っているのですが、これも条件が複雑で、どれがお得なのか分かりません。

そこでサロンを探す際、注意するポイントを3点あげてみます。

施術可能回数が少ないプランは避ける

まだまだ脱毛についてキチンとした知識のない人が多く、たとえば1回施術をすればその部位のムダ毛は永久に生えてこない、と勘違いしている方がいるようです。

もちろん、これは間違っています。たった1回の施術では、ムダ毛を完璧に処理することなどできません。確かに施術すると10日から1ヶ月ほどで部位はツルツルの状態にはなりますが、さらに時間が経過するとムダ毛が復活してしまいます。

発毛自体をストップするには、IPLやレーザーなどの光を数ヶ月から数年かけ、根気よく照射し続けなければなりません。

しかも太い剛毛が密集しているワキのような部位の場合、上に述べたように12回から18回の施術は不可欠です。

ということで、安い料金に惹かれて施術回数が12回に達しないプランを選んでしまうと、「結局は追加施術」ということになります。
そうなると高いプラン以上の費用を払うことになりかねません。

リーズナブルに脱毛を完了するためには、あまりに安いプランは無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにしましょう。

契約前に返金制度や施術期限を確認する

ワキ脱毛を一旦開始したら、最低でも約3年、サロンに通い続けなければなりません。

しかし施術を続けるうちに、「スタッフが不親切」といった理由で、通うのを中止してしまうケースもあると思います。

そうやって中途で解約すると、当然ながらサロン側は渋い顔をします。契約をタテに取り、「施術回数をほとんど消化していないのに、返金が半額以下」という店も少なくありません。

もし中途解約する可能性があるなら、契約を結ぶ前に解約の条件に関してスタッフに聞いておきましょう。

またサロンによっては、契約にタイムリミットを設けている店もあり、日数がすぎると施術そのものができなくなります。

いずれにしても「ワキ脱毛には長い期間が必要」ということを心得ておき、回数や施術期間に余裕のあるサロンを選びましょう。

施術後のケアをしっかりおこなってくれるか?

ワキのケアは、ムダ毛処理だけですむわけではありません。

見栄えを改善するには黒ずみなどの症状を治すことも肝要。

そのためには肌の潤いを絶えずキープすることが大切です。

上述したように、施術した後の毛穴には熱がこもっており、その周辺の肌は乾燥しがちです。

脱毛サロンの中にはそれを考慮し、施術後の保湿サービスをしっかりおこなってくれるところもあります。

こうした気の利いた店なら美肌ケアも期待できますから、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックに差はあるのか?

ワキ脱毛を行ってくれるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術可能です。

この2つの違いは何でしょうか?

脱毛の原理に関しては変わりません。施術に際しては、サロン、医療クリニック両方で、肌に特別な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を当てます。
そして高熱の作用により、発毛を促す組織(毛母細胞、毛乳頭など)にダメージを与えるのです。

ではどこに違いがあるのかと言うと、その光の威力です。

レーザー光は、サロンのIPLの何倍にも達する破壊力を持っています。毛根組織は完全に破壊されるため、ムダ毛はそのあと一生生えてきません。

また、IPLだと完了まで10回以上施術が必要なのですが、レーザー脱毛を行えば数回ですみます。

もし「脱毛をなるべく短い期間で終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛をする方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛は安価ですむのか?

ワキ脱毛というのは特にリーズナブルです。そのせいもあって、初心者は最初の脱毛箇所としてワキを選ぶことが多くなっています。

ではワキ脱毛の料金はなぜ安価なのでしょう?

まず考えられる理由としては「ワキが狭い部位だ」ということ。

実はサロンでは施術面積によって料金を決めることが多く、その点でワキは元々安価なパーツというわけです。

そして次に考えられるのは、店側の”戦略”です。

女性は最初にワキ脱毛をしようとするため、「赤字覚悟でその料金を抑えることで、より多くの客をひきつけられる」と店側が考えているのです。

いずれにしてもワキ脱毛は初心者にピッタリ。サロンの技術も即座に分かるので、最初の施術はワキにするのが無難でしょう。

脱毛完了後、効果がイマイチな場合は?

長くサロンに通った末、ようやくワキ脱毛が完了。でも、その結果に何となく満足できない——。

そんな時、同じ店で施術を続けることもできますが、追加の料金が馬鹿になりません。

また、その店との契約を継続せず、他のサロンに乗り換える手もあります。しかしその場合はカウンセリングの段階からやり直す必要があり、時間と手間がかなりムダです。

そんな事態にならないためにも、施術期間、及び回数は余裕を見ておくことが重要。多少値は張りますが、最初の契約時に12回以上のプランを選ぶ方がいいでしょう。

「脱毛すると、ワキの汗が増える」って噂は本当?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、説明しておきましょう。

実はワキ脱毛についてグーグル検索していると「脱毛をしてからワキ汗の量が増えてしまった」という口コミが何件かヒットします。

こんなことが実際にあるのでしょうか?

答えを先に述べますと、完全なデマ。そんな現象はありえません。

ただ、「ワキ汗が増えてしまった」と思い違いしてしまう人は本当にいるようです。

ネットでチェックしてみると、その理由は——

「ワキ毛が処理されてしまったので、今まで止められていた汗が肌を伝うようになり、量が増えたと錯覚する」

ということのようです。

つまり肌の感覚の問題にすぎません。汗の量そのものが増えたわけではないのです。

しばらくするとその感覚も当たり前となり、違和感も解消されるでしょう。

いかがだったでしょうか? 色々なポイントから、ワキ脱毛についての詳細、またサロンの選び方などを説明してみました。

ぜひこのページの情報を参考にしながら、自分に合ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛がなくなれば他人のワキへの視線も平気になり、肌の状態もきっと良くなっていくはずです。

脱毛サロンに行く際のメイク

体毛が濃い女性

脱毛サロンに行く時、メイクはどうすればいいの?

体毛が濃いと顔にも産毛が盛んに生えてきます。

「唇の上に産毛が生えていて、それが何となくヒゲに見えてしまう。自己処理をするんだけどその手間が面倒くさい」

そういう女性も少なくないでしょう。

また、産毛が多いと化粧のノリも悪くなりますから、美容に意識の高い人にとってはひたすら邪魔でしかありません。

そんな人の中には、サロンなどで顔脱毛してもらおうという方もいます。

以前の顔脱毛はキャンペーンなどの対象外という場合が多く、その費用も割高でした。ところが、最近は脱毛ブームのおかげで料金もグッと下がり、気軽に利用できるようになっています。

実際に顔脱毛をおこなう場合、手順としては最初に「サロンをどこにするか決めて契約をすます」。次に「予約を入れて施術に出かける」ということになります。

ここでちょっと不安になるのが、「顔の産毛を脱毛してもらうわけだから、サロンに行く時はすっぴんじゃないとダメなのでは?」ということ——。

素顔でも平気な10代の学生ならともかく、いつも念入りにメイクを行う女性にとって、職場や自宅からサロンに着くまでずっとすっぴんでいるのは結構つらいことです。

結論から先にいってしまうと、メイクしてサロンにいっても問題ありません。

脱毛サロンには専用のブースが設置してあるので、そこで顔のメイクを落とすことができます。またサロンによっては、サービスとしてスタッフの人が施術前にメイクを落としてくれる店まであります。

ただ、いくらお店でメイクを落とせるからといっても、あまりに濃いメイクをしていくと、オフするだけで時間が取られます。

普段よりも薄めのメイクにし、余裕を持って施術を受けられるようにしましょう。

福山の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛施術では麻酔は使えるの?

脱毛の施術前の女性

脱毛の施術では麻酔は使えるの?

脱毛サロンでの施術というのは、昔ほどではないにしろ、やはり痛みをともないます。

施術で使われるのは、光脱毛機。光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、その名の通り、カメラのストロボのような光を使って脱毛処理をします。

機器にも色々あるのですが、現在最も使われているのがIPL脱毛機です。

IPLというのは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)を略したもの。もともとニキビ痕、くすみ、赤ら顔、毛穴の引き締めなどの改善のためにエステサロンで使われていたのですが、毛根にも効果があるという報告があったため、脱毛サロンでも使われるようになりました。

IPLにはメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わる性質が備わっているため、ムダ毛に照射すると毛根の組織がダメージを受けます。このことで発毛を阻害するわけです。

ただ毛根が高温状態になるために、その周辺の皮膚もその熱で軽いやけど状態になります。施術が痛いというのはこのせいです。

以前は美容電気脱毛(ニードル脱毛)という、一つ一つの毛穴に針を刺していく方法が行なわれていましたが、さすがにこれは痛みがひどすぎるため、光脱毛が広がるとともに廃れてしまいました。

光脱毛はそれに比べるとはるかに痛みはマシです。
ただそれでも「痛い思いはイヤ」という人も多いでしょう。

その場合は医療クリニックでの施術がおすすめです。クリニックなら麻酔を使えるため、施術の痛みを抑えられます。

また、最近では「痛くない」というのを売りにしたサロンも出てきています。
それらの店ではIPLより弱い光を使うので効果は劣るのですが、痛みをどうしても避けたい人にはピッタリでしょう。

福山の人気脱毛サロンランキングTOPへ

未成年でも脱毛サロンに通える?

体質的に毛の濃い人

未成年でも脱毛サロンで施術をしてもらえるの?

ローティーンの時期を過ぎ、高校生ともなると、体は十分成長してムダ毛も目立ち始めます。特に体質的に毛の濃い人は、いちいち自己処理するのも面倒臭く、「サロンや医療クリニックで脱毛したい」と思うかもしれません。

では未成年でも施術は受けられるのでしょうか?

最初に結論をいいますと、施術してもらうことは可能です。ただ条件があり、それをクリアする必要があります。

まず欠かせないのが親権者同意書です。

脱毛の施術というのは結構費用がかかるものなので、サロンやクリニックとしても経済的に支払能力がある保護者がいるかどうかを確かめる必要があります。

さらに、実は施術そのものも体に負担をかけます。美容整形同様、安易な気持ちで受けるべきものではありません。
監督責任のある親がそれを承知しているのか確認した上で行なわないと、あとでトラブルになりがちです。
同意書を提出させるのは、それを避けるためでもあります。

以下にあげたサロンと医療クリニックは、親権者同意書だけで契約ができ、施術が可能です(カッコ内は電話確認の有無)——

・ミュゼ(あり)
・コロリー(あり)
・エピレ(あり)
・TBC(あり)
・ディオーネ(あり)
・銀座カラー(なし)
・キレイモ(なし)
・シースリー(なし)
・脱毛ラボ(なし)
・恋肌(なし)

いずれのサロンも、同意書の用紙は公式サイトからダウンロードできます。

なお、エピレ、TBC、恋肌に関しては、15歳未満は同意書があっても施術はできません。

ムダ毛のコンプレックスを解消するために脱毛してもらうのは悪いことではありませんが、上記のように体に負担をかける場合もあります。
よく考えた上で契約する方がいいでしょう。

福山の人気脱毛サロンランキングTOPへ

バルジ脱毛とは?

クリニックを使っている女性

バルジ脱毛とは?

一般的な医療クリニックで使っているレーザーは毛の黒い色素に反応し、毛根周辺の細胞を破壊します。

ところが最近になって新しい脱毛法が登場してきました。

それがバルジ脱毛です。

これは、毛根より浅い場所に存在するバルジ領域を破壊し、毛が生えないようにするというもの。

このバルジ領域には、発毛に必要な細胞が存在しています。毛根はここから栄養とともにその細胞を受け取り、毛を生育させるのです。

つまり、毛根があったとしても、毛の元になる細胞が送られてこなければ毛は生えません。いわばバルジ脱毛は「毛の卵」を破壊する脱毛法なのです。

バルジ脱毛のメリットはいくつかありますが、まず第一にあげられるのは、「じっくり温めるだけで効果がある」という点。

これまでレーザーによる脱毛ではどうしても痛みが伴いました。特に剛毛や敏感な部位の脱毛は痛みがひどくなり、麻酔が必要な場合すらあります。

ところがバルジ脱毛は毛根に強いダメージを与えず、ただ温めるだけです。そのため肌に負担をかけません。敏感な部位でも簡単に脱毛できますし、痛みはこれまでよりはるかに軽減されます。

また、レーザーは色素に反応する仕組みなので、生えている毛だけにしか効果がありません。生えてくるのを待ってレーザーを照射するため、どうしても時間がかかっていました。

バルジ脱毛の場合は表面に出てきていない毛にも作用するため、施術が完了するまでの期間が短くてすみます。そのため、これまでのレーザーより早く効果が実感できるのです。

数々のメリットがあるバルジ脱毛。脱毛で痛い思いをしたくない人は、バルジ脱毛を行っている医療クリニックを利用してみてはいかがでしょうか。

福山の人気脱毛サロンランキングTOPへ

ブラジリアンワックス脱毛

サロンでの脱毛方法をチェック

ブラジリアンワックス脱毛とは?

サロンでの脱毛方法には色々なものがありますが、その中でもポピュラーなものが「ブラジリアンワックス脱毛」です。

ブラジリアンワックス脱毛とは、ハチミツをベースに作られたワックスを温め、それをシートに薄く塗って貼りつけ、脱毛処理を行うというもの。

この方法自体は欧米では昔から行われていたようですが、「ブラジリアンワックス」という名前は、1987年にニューヨークで人気のあった美容サロン「J. Sisters」によってつけられました。

近年まで日本でもなじみがありませんでしたが、最近ではアンダーヘアの脱毛方法として一般的となりつつあります。

ただ間違えてはいけないのは、ブラジリアンワックスは永久脱毛ではない、ということ。

医療レーザーや光などを使うと毛根そのものが破壊されるために毛は生えてきませんが、ブラジリアンワックスはあくまでワックスによってムダ毛を抜き去る方法なので、毛根は死滅していません。
したがってしばらくすると毛は元気に生えてきます。

そもそもアンダーヘアを処理する場合、夏場にビキニなど露出度の高いものを着るため、という理由がほとんどでしょう。ですから永久脱毛のためにレーザーなどで痛い思いをするより、手軽に行えるワックス処理の方がいい、という人も多いはずです。

では、その処理によって一体どれくらいの期間、脱毛状態が続くのかといえば、2週間から3週間程度。

ただこれには個人差が大きく、毛が太い人は1週間ほどでもう毛が目立ち始める場合もあります。

あくまで一時的なものなので、処理してもらった場合、どれだけ脱毛状態でいられるかを把握しておいた方がいいでしょう。

福山の人気脱毛サロンランキングTOPへ