脱毛コラム

脱毛サロンの勧誘を上手く断るコツ

脱毛サロンの勧誘にお悩みの方へ

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、勧誘されても自分の意思をはっきり伝えて断ることで勢い任せで契約するのを防ぐのがポイントになります。

それでも、スタッフによっては断っても勧誘し続ける人がいるので、家族に相談しないと決めれないことを伝えるのがお勧めです。

この時、自分一人では決めれないと伝えると、スタッフが勧誘を強めるので逆効果となります。

なぜなら、脱毛サロンにおいて勧誘は新規のお客様を増やすだけでなく、すぐに契約させるという意味合いが強いからです。

他にも、断る理由としてお金がなかったり忙しいので通えないと伝えても、スタッフの多くは勧誘をやめようとしません。

そのため、家族に無断で利用すると怒られると伝えることで、スタッフは勧誘しにくくなります。

脱毛サロンの勧誘を上手く断る方法

自分にはお金を自由に使える権限がないので、家族に頼まないと契約できないとはっきり伝えることで、すぐに切り上げることができます。

さらに、家族に相談して脱毛サロンに通ってもいい許可を得れたら連絡することを伝えることで、勧誘を上手く断れます。

家計を家族に握られている感じに演出することで、すぐには契約できない印象を与えることが大切です。

また、すぐには契約できないので家でじっくり考えたいとはっきり伝えることも、勧誘を上手く断ることが可能となります。

つまり、脱毛サロンの勧誘を断る際は、自分に決める権限がないこととすぐには契約できないことを明確に伝えることがコツとなります。

産後の脱毛における保湿のやりすぎに注意

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後の脱毛というのは肌の状態が実は通常時と異なっているということがあり、敏感になっているため、脱毛をしたことによって肌荒れが起きる確率が高くなっています。

そのことを考慮して、ちゃんと保湿を徹底しないといけないということが言えるわけですが、あまりに丁寧にやりすぎるというのも気を付けないといけないのです。

というのも、保湿を丁寧にやりすぎるとどういうことが起きるか?というと、どうしても力が強くなりすぎる可能性があります。

特に粘性があるクリームを使って、肌を保湿するようなときには、どうしてもそういう必要性が出てきます。

だから、無意識のうちに力が入って肌を強く押し付けているみたいなことが起きる可能性があります。

出産後は特にデリケート

保湿をより徹底しないといけないとなれば、自然とその力がより強くなったり、何度も繰り返したりといったことも考えられるので、そうなると肌にとってよくないということになりますから、産後の脱毛の保湿をするときには、丁寧にやらないといけないのですが、強くなりすぎないように気を付けないといけないということも覚えておかないといけないのです。

産後の脱毛に関しては保湿を丁寧にやらないといけないという注文と丁寧やりすぎたり、強く肌をこすったりしないようにしないといけないという注文があるので大変かもしれませんが、肌をよりいい状態に保つためには必要なことなので覚えておいてほしいと思います。

埋没毛ができる原因とサロンでの光脱毛による埋没毛の処理について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、肌の表面をかさぶたや角質が覆うことにより外側に毛が出てこれない状態であり、皮膚の中で毛が成長することになります。

そのため、埋没毛を改善せずに放置すると、ニキビや黒ずみといった肌のトラブルに発展する恐れがあります。

なので、剃刀や毛抜きによる自己処理によって埋没毛が出来た場合は、クリニックやサロンで埋没毛を処理してもらうのがお勧めとなります。

なぜなら、クリニックやサロンだと自己処理と違って肌に負担を掛けることがないので、毛嚢炎や色素沈着が進行する心配がないからです。

さらに、毛嚢炎や色素沈着にも効果を発揮するので、クリニックやサロンで脱毛を受けると肌を綺麗に保つことが可能となります。

光脱毛はレーザー脱毛と同じように埋没毛を予防できる

サロンはクリニックと違って医療機関ではないので、サロンではレーザー脱毛を受けることができません。

よって、サロンで受けれる光脱毛はレーザー脱毛より威力が出せないので、深い毛根を破壊することは不可能です。

ただし、光脱毛はレーザー脱毛より肌に痛みを伴うことがないので、痛みに悩まされずに埋没毛を処理できます。

そのため、光脱毛は無駄毛が生えるのを邪魔する角質をはがすことにより、埋没毛が肌の表面に出たら光を照射することで処理できる仕組みとなります。

そして、サロンによっては光脱毛を行う前に保湿クリームを塗るので、肌のトラブルに追われることなく埋没毛の処理に専念できます。

その上、光脱毛はレーザー脱毛と同じように埋没毛だけでなく、無駄毛を処理することもできます。

アンダーヘアの永久脱毛方法

アンダーヘアの永久脱毛

アンダーヘアの脱毛

アンダーヘアの永久脱毛とはどのように施術をしていくのか気になるところです。脇や両腕、両足などの部位のように、簡単に脱毛をしにくいのがアンダーヘアです。なおかつ、同性といえども他人に見せるのも恥ずかしい部位なので、永久脱毛をしたいけれども躊躇する人が多いです。
アンダーヘアの永久脱毛の方法ですが、最初に施術を受ける前の準備として自宅で自分でアンダーヘアを全部剃刀で剃ります。最初はアンダーヘアを全部剃りますが、何度か通うにつれて、アンダーヘアの希望の形に沿って剃ります。剃り残しがあったり、手の届かない部分、見えにくい部分は剃ってもらえます。

脱毛の流れ

エステやクリニックに着くと、Tバックの紙パンツに履き替えて、そしてバスローブのようなエステで借りるローブを着ます。実際にレーザーを当てるときには紙ショーツをずらしながらレーザーを当てます。Vラインの部分はあおむけになって施術をします。Iラインの部分はあおむけになり、片足を折り曲げて立てるようにします。そして、折り曲げた足を外側に倒します。これを片足づつ行います。Oラインでは横向きに寝て施術をします。Oラインに無駄毛が生えていない人もいます。そのような人はOラインの施術を行いません。
全て紙ショーツをずらしながら行うため、全てをさらけ出しながらレーザーを当てるのではありません。
そのため最初に想像して思っている以上には恥ずかしくないのです。

ワキガの原因と脱毛でワキガを改善できる理屈

ワキガが発生する理由

ワキガが気になる女性
ワキガは、アポクリン腺から出る汗が多くなるほど臭いがキツくなります。

アポクリン腺の汗には水分だけでなく脂質や糖質も含まれるので、脇毛に異臭を放つ成分がつきやすくなります。

また、脇毛が長いほど雑菌が多く繁殖するので、ワキガは脇毛が長いと臭いが強まります。

他にも、アポクリン腺は刺激を受けることで活発化し、アポクリン腺から出る汗の量が増えます。

なので、剃刀や毛抜きといった自己処理で脇毛を処理すると、アポクリン腺を活発化させやすくなります。

そのため、ワキガの臭いを抑えつつ脇毛を処理する際は、脱毛するのが最善となります。

脱毛でワキガは治るのか

脱毛は、可視光線によって毛根部分を破壊するだけでなくアポクリン腺にもダメージを与えます。

その影響により、脱毛で脇毛を生えにくくしつつ発汗を抑えることができるので、ワキガの臭いを改善することが可能です。

また、脱毛で脇毛を脱毛すると熱で脇がムレにくくなります。

なぜなら、脇毛を無くすことができれば脇毛にアポクリン腺の汗がつかなくなるからです。

また、脱毛は毛穴を引き締めることもできるので、毛穴に皮脂や老廃物が溜まるのを防ぐ効果もあります。

その影響により、ワキガの臭いが悪化する恐れがない上に、発汗を抑えるので脇がベタつきにくくなります。

よって、脱毛は脇毛を生えなくしつつワキガの臭いを改善するだけでなく、脇をツルツルにすることも可能となります。